美人はナンパされない?ナンパされやすい&されにくい女性の特徴とは

  • ナンパされやすい女性の特徴とは?《前編》

    ナンパされやすい女性には共通点があります。ここからは、ナンパされやすい女性の特徴を、前編と後編に分けてご紹介していきます。ナンパされやすい女性とはどんな特徴がある女性なのか、ぜひご一読ください!

    気が弱そうな見た目


    気が強そうで見た目が派手な女性は目を引きますし、ナンパされやすそうな印象がありますよね。しかし意外にも、最もナンパされやすいのは、気が弱そうな女性なのです。

    気が弱そうな女性には、押しに弱くて周りの意見に流されやすいという特徴があります。そのため、積極的なナンパを断り切れず、ずるずるとカフェなどに入ってしまうパターンが多いのです。

    また弱気そうに見える女性は、ナンパだけでなく街角での勧誘にも押し切られることがあります。こういった女性が相手の意に反する行動を取るのは勇気がいることでしょうが、時には頑張って断ることも大切です。

    歩くペースが遅い


    ゆっくりと歩いてあたりを散策している女性も、ナンパされやすい傾向があります。ゆったりフラフラ歩いていると、ナンパ男に「ある程度時間に余裕がある女性だ」と悟られてしまうからです。

    そういう暇そうな女性は、声掛けに対して足を止めてくれそうな感じがするのでしょう。ナンパされるのが嫌な場合は、散歩中でも少し警戒した表情で歩いた方が、ナンパ男が寄ってきませんよ。

    フェミニンな服装


    ピンクや白、ペールカラーを使った柔らかい色合いの服を着ている女性もよくナンパされます。逆にはっきりとした色や派手な柄の服を着ている女性は、あまり声をかけられません。また、白黒モノトーンやモード系、ビジネスキャリア系などもナンパされにくいようです。

    全体的に優しそうな雰囲気の服装の女性は、ナンパ男に話を聞いてくれそうだと思われやすいのでしょう。柔らかい雰囲気の服が好きだけどナンパは嫌だという女性は、どこかにスパイシーな要素を取り入れてみると、声を掛けられなくなるかもしれません。

    地味な服装


    派手さもなく、かといってフェミニンなふんわりとした華やかさもない地味な服装をした女性も、意外と声を掛けられます。地味な服装をしている女性は、ハメを外すことがなく極めて真面目。そんな女性は、たとえナンパ男であっても無視をしません。

    ナンパする男性は「無視されなければ成功」とさえ思っているので、地味目な女性をナンパして話に乗せようとします。生真面目な女性は、話しかけてくる人すべてに誠実に対応しますが、ナンパ目的の男性はスルーして良い場合もあります。

    誰に対しても真面目で誠実な態度を取るのは素晴らしいことですが、時には柔軟に対応を変えることも大切です。

    暇そうに歩いている


    目的もなくフラフラとさまよい歩いている女性も、ナンパする男性から声をかけられます。あてもなくさまよい歩いていると、「ナンパ男の誘いにも乗りやすい」と思われてしまうからです。

    「暇だから街歩きをしているけど、ナンパはお断り」という場合は、目的がなくても颯爽と歩くようにすると、ナンパされにくくなりますよ。また、声をかけてこられてもスルーした方が、早めに退散してもらえます。