「ひとりになりたい」と感じる理由&心理とは?ストレス発散法も紹介

  • ひとりになりたいと感じた時のストレス発散法!

    ひとりになりたいと感じた時は、ストレスが溜まっている場合がほとんどです。ひとりになりたいと感じるほどストレスが溜まっている場合、どのようにしてストレスを発散させるべきなのでしょうか。おすすめのストレスを発散法を紹介していきましょう。

    好きなものを食べまくる


    「前から我慢していたスイーツを買ってきて、お腹いっぱい食べた」(24歳/女性/営業事務)
    「気になっていたホテルの高級バイキングで、たらふく食べた」(38歳/男性/営業職)

    人間の三大欲求の1つである「食欲」を我慢することは、自分で思っている以上にストレスになります。落ち込んだ時こそ、普段食べたかったものを食べてストレス解消するようにしましょう。美味しいものを食べている時に嫌な思いをすることはありません。美味しいものを食べて元気を出してくださいね。

    ひとりカラオケで熱唱


    「普段仕事でもプライベートでも話す機会がない。ひとりカラオケで思いっきり声を出して歌ったらスッキリした」(31歳/男性/CADオペレーター)
    「ひとりカラオケで、昔好きだった曲をひたすら歌い続けていたら、当時の思い出が蘇り新鮮な気持ちになった」(27歳/女性/ホテル従業員)

    カラオケは大勢でも楽しめる娯楽ですが、ひとりだと気を使うことなく思いっきり楽しめます。順番待ちをする必要もなく、周囲に合わせて選曲する必要もありません。歌うことでエンドルフィンが分泌されることも分かっており、リラックス効果も期待できます。好きな歌を好きなだけ歌ってみましょう。

    お風呂に入る


    「お風呂にアロマオイルを入れて読書をすると気分がスッキリする」(26歳/女性/介護士)
    「お風呂で体を温めながらエクササイズをすることで頭がリセットされる気がする」(29歳/女性/公務員)

    ぬるめのお湯にゆっくり浸かることでも、ホルモンバランスが整えられリラックスします。それにプラスして好きなアロマオイルを入れたり読書をしたりすれば、相乗効果でストレス解消になりますね。お風呂はただ単に汚れを落とすだけのところだと思っていたら、もったいないのです。

    1人でホテルに泊まる


    「家族がいるから1人になりにくい。近くのビジネスホテルに1人で泊まってみたら1人の時間を満喫できた」(36歳/男性/営業職)
    「ホテルに泊まると異空間を味わえるので気分転換によく使う」(30歳/男性/調理師)

    ホテルは普段味わえない異空間を味わうことができます。ひとりになりたい時は、いつもの部屋で何気なく過ごすより、普段とまったく違う環境に泊まる方が気分もリフレッシュされるのですね。費用はいりますが、自分の心を癒すために投資してみてください。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)