クリトリスが気持ちよくない原因とは?絶対感じる愛撫方法を解説!

クリトリスは性感帯として有名です。しかし、クリトリスで感じられない、感じさせられない人もいるのではないでしょうか。この記事では、クリトリスで感じられない原因や、絶対感じさせる愛撫方法を紹介しています。クリトリスで感じさせたい男性、感じたい女性は、ぜひ読んでみてください。

  • そもそも「クリトリス」とは?

    皆さんは「クリトリス」を知っていますか?恐らく、性体験のある男女のほとんどはクリトリスの存在を認識しているでしょう。

    クリトリスは女性の性感帯の一つであり、セックスでイクためには重要なポイントとも言えます。しかし、このクリトリスを触られても、全く気持ちよくないと感じる女性も少なくありません。

    気持ちよくさせるつもりでクリトリスを触っているのに感じてくれないと、男性はがっかりしてしまいますよね。性感帯のはずのクリトリスを触っても、快楽を得られない人がいるのはなぜなのでしょうか。

    今回の記事では、クリトリスを触られても気持ちよくない原因や、絶対に感じることができる愛撫の仕方などを紹介していきます。クリトリスを触っているのに感じさせられない男性や、クリトリスが気持ちよくない女性は必見ですよ。

    割れ目の始まりにある突起部分


    「クリトリス」の場所を正確に把握できていますか?女性は、自分の体の一部ですから、正確な場所を知っている人も多いでしょう。しかし、男性にはクリトリスがありません。「なんとなく場所を知っている」くらいの認識しかない人が多いのではないでしょうか。

    クリトリスは、女性器の割れ目の始まりにある突起部分のことで「陰核」とも呼ばれます。陰核は「陰茎海綿体」という海綿体から組織されており、普段は包皮で覆われています。

    また、クリトリスは男性のペニス(陰茎)と同様に末端神経が集中した場所です。男性の数センチあるペニスに対し、クリトリスはわずか数ミリ程度の場所に末端神経が集中していることになります。

    そのため、男性のペニスとは比較にならないくらい、性的快楽に敏感なポイントでもあるのです。

    クリトリスは気持ちよくないという女性も


    クリトリスは性感帯としても知られていますが、中にはクリトリスが気持ちよくないと感じる女性もいます。クリトリスで感じられないのは人それぞれ理由があり、一つは性感帯の違いです。

    アダルトビデオやアダルトサイトなどでは、クリトリスは性感帯として紹介されています。しかし、性感帯はクリトリスだけとは限らず、人によってポイントは異なります。クリトリスが性感帯ではないケースもあるのです。

    また、クリトリスで感じられるはずなのに感じられない理由には、男性側のテクニック不足や女性側の心理的要因なども考えられます。それらの問題を解決することで、クリトリスで感じられるようになる可能性も、充分にあるでしょう。

    クリトリスも勃起する


    女性の中には、朝起きたらクリトリスが敏感になって硬くなっていたという経験がある人が、少数とはいえ存在します。クリトリスの構造は、男性のペニスとほとんど変わりません。そのため、男性のペニスが朝勃ちするように、クリトリスも朝勃ちすることがあるのです。

    朝勃ちは、就寝時にレム睡眠に陥ることで、自律神経の働きが活発になり起こる生理現象です。クリトリスが勃起するだけでなく、愛液が過剰に分泌され女性器が濡れた状態になってしまうこともあります。