男性が惹かれる「エロい唇」の特徴とは?おすすめケア&メイク方法

  • エロい唇は作れる?リップメイクの方法とは

    唇の形がぷっくりしていない人は、ケアだけしていてもあまりエロくなれません。そんなときはメイクでエロい唇を作っていきましょう!ここではメイクでエロい唇を作る方法をご紹介していきます。

    輪郭をオーバー気味に描く


    元々唇が薄い人の場合、ケアだけでぷっくりとした肉厚な唇になるのは難しいところがあります。唇が薄い、小さいという人は、リップペンシルで輪郭を大きめに描くという方法がおすすめです。

    ただし、あまりに元の輪郭から外れていると不自然な印象になってしまいます。輪郭をオーバーして描くといっても、不自然のないレベルで描くようにしましょう。輪郭はリップの色よりも少し濃い色の方が、リップの色と馴染んで自然に見えますよ。

    グロスを塗る


    艶感を出すためには、グロスを塗るのが一番です。グロスを使うことで、ウルウルとした艶やかな唇にすることができます。ただし前章でもお伝えしましたが、グロスの使いすぎはベタベタした印象になってしまうのでNGです。

    グロスを使うときは唇全体に使わずに、上の唇の山部分と、下の唇のぷっくりしているところを中心に軽めに使うようにしましょう。全体のバランスを見て程よい艶感に仕上げてくださいね。

    唇の周囲もメイクする


    唇を魅力的にエロく見せるためには、唇周辺のケアも大切。産毛の処理をし、カバー力のあるファンデーションを使うことで、唇と肌を美しく見せることができます。

    肌の色と違うファンデーションを使うと、唇や肌が必要以上に強調されてしまうので要注意。ファンデーションを選ぶときは、カバー力がありながらも白くなりすぎない色を選ぶと良いでしょう。

    また、リキッドタイプだと肌荒れしてしまうという場合は、パウダーファンデーションを使った後にコンシーラーで肌荒れを隠す方法もあります。ニキビに優しいタイプのコンシーラーもあるので、そちらも検討してみてください。

    唇の色よりやや濃い色のリップを


    唇の色を健康的に見せるには、唇の色よりもやや濃い目のリップを選ぶとベターです。唇の色がもともと濃い場合は、同色か少し薄いぐらいの色の方が良いでしょう。

    また血色が悪い場合は、リップを塗る前にファンデーションなどで下地を作っておくと発色が良くなります。リップ専用の下地もあるので、唇の色が気になる場合は活用してみてください。