女性を下の名前で呼ぶ男性心理|脈アリ&好意のサインを見逃すな!

  • 男性が下の名前で呼びはじめるタイミングとは?

    男性が女性を下の名前で呼び始めるのはいつからなのでしょうか。それまで苗字で呼んでいたのに、下の名前で呼びはじめるのはどんなタイミングなのか気になりますよね。こちらでは、男性が女性を下の名前で呼びはじめるタイミングをいくつか具体的にご紹介していきます。

    相手に許可を得てから


    2人で話している時などに、「これからは下の名前で呼んでいい?」など、男性が許可を得ようとしてくる場合があります。それまで苗字で呼んでいたけれど、下の名前で呼びたいという場合には、もっと距離を縮めたい、もっと仲良くなりたいという心理がはたらいています。

    この場合、女性に好意を抱いている可能性が高いので、下の名前で呼ぶのをきっかけとして、デートのお誘いなどもありえます。

    飲み会などテンションが上がった時にノリで


    飲み会など、少しお酒が入っていたり、テンションが上がったりした時に、ノリで呼ぶという男性も多いようです。普段なら少し照れくさくなりそうだけど、その場のノリや周りの人たちに便乗して呼んでしまおうと思うのでしょう。

    呼び方を変える時は緊張しても、一度呼んでしまえば、それ以降は下の名前で呼ぶようになるでしょう。この時にこちらが微妙な反応をしてしまうと、男性は呼びづらくなってしまいますので、気になる男性の場合や、下の名前で呼ばれるのが嫌ではなかった場合は、自然に反応してあげると良いでしょう。

    敬語からタメ口で話すようになった時


    男性が女性を下の名前で呼ぶタイミングとして、敬語からタメ口で話すようになった時があげられます。例えば初対面の時から敬語で話をしていて、後から同い年だとわかった時などです。この場合は、親近感が湧いて仲良くなりたいという心理がはたらいたためと考えられますね。

    最初から下の名前で呼ぶ


    最初から下の名前で呼ぶのが当たり前だという男性もいます。女の子のことは名前で呼ぶものだと刷り込まれているタイプですね。女性の扱いに慣れている男性や、家族が女性ばかりという男性に多いようです。

    このような場合は、男性がどの女性に対しても同じ態度である事が特徴ですね。