女性を下の名前で呼ぶ男性心理|脈アリ&好意のサインを見逃すな!

  • 呼び方別|女性に対する男性心理一覧!

    あなたの名前の呼び方で、気になる男性の心理がわかります。あなたは好きな人からどんな風に呼ばれていますか?呼び方別の女性に対する男性の心理を一覧にしましたので、参考にしてくださいね。

    苗字+さん付け


    苗字+さん付けは、男性が女性を呼ぶ時に多く使われる呼び方です。初対面でも失礼になることもないですし、嫌な気持ちになる人もいないですよね。一般的に使われている呼び方ですので、この呼び方で呼ばれる場合は、特に深い意味はないと思って良いでしょう。

    男性の立場などにもよりますが、あなたとの間に距離がある状態なので、恋愛対象として見ている可能性は低いといえます。

    苗字の呼び捨て


    男性が苗字の呼び捨てで呼ぶ時は、その女性に対して特に興味や関心がないという心理のあらわれです。呼び捨ては「さん付け」よりは距離が近く感じますが、呼び慣れているからという理由だけでそうしていることも。名前の呼び方に対しての意味は特にないと思って良さそうです。

    あだ名


    女性をあだ名で呼ぶ場合、みんながそのあだ名で呼んでいるか、その男性がオリジナルでつけたあだ名かによっても、どんな心理が働いているかが変わってきます。

    みんなが呼んでいるあだ名に便乗して呼んでいる場合は、特別な感情はないと思って良いでしょう。男性がオリジナルでつけたあだ名で呼ぶ場合は、好意のあらわれの可能性があります。周りの人に差をつけたい、特別な存在でいたいという心理が働いていると言えるでしょう。

    下の名前を呼び捨て


    男性が女性を下の名前を呼び捨てで呼ぶ場合は、恋愛感情を持っている場合が多いです。下の名前を呼び捨てにするのは、その女性と親密になりたいという心理のあらわれ。恋愛対象として見ている場合が多いので、脈アリと思って良いでしょう。