女性を下の名前で呼ぶ男性心理|脈アリ&好意のサインを見逃すな!

  • 女性を下の名前で呼ぶ男性心理《脈ナシ編》

    男性が女性を下の名前で呼ぶ心理は、脈アリの場合だけではないようです。こちらでは、男性が女性を下の名前で呼ぶ心理の、脈ナシの場合をいくつかご紹介していきます。脈ナシの場合はどんな心理が働いているのか、参考にしてみてくださいね。

    同じ苗字がいるから


    学校や職場などで周りに同じ苗字の人がいる場合、どちらも苗字で呼ぶとややこしいので、呼び分けるために下の名前やニックネームで呼ぶことがあります。この場合、男性が女性を下の名前で呼ぶことに、特別な意味はないでしょう。

    友人は名前で呼ぶと決めているから


    友人は名前で呼ぶと決めているという人もいます。その場合も脈ナシと言って良いでしょう。この場合は誰に対しても下の名前で呼ぶので、下の名前で呼ぶことに対して特別な意味はないと言って良いですね。

    誰とでも仲良くなれるようなフレンドリーな男性には、このパターンが多いです。クラスメイトや同僚みんなと仲良くしたいという心理ですので、下の名前で呼ばれても意識しないほうが良いでしょう。

    周りに合わせて呼んでいるだけ


    周りに合わせて女性を下の名前で呼ぶ場合もあります。みんなが下の名前で呼ぶから、それにつられて下の名前で呼ぶというパターンですね。こちらの場合は、特に仲が良くなくても下の名前で呼ばれることがあります。これも脈ナシと思って良いでしょう。

    友情と親しみを込めて


    友達として親しみを込めて下の名前で呼ぶ場合は、「なんでも話せる女友達」と思っていると考えられます。友情と言っても、気軽な女友達から親友まで色々ありますが、共通しているのは、男性の中ではあくまでも「友達でしかない」ということです。