女性を下の名前で呼ぶ男性心理|脈アリ&好意のサインを見逃すな!

  • 女性を下の名前で呼ぶ男性心理《脈アリ編》

    男性が女性を下の名前で呼ぶのは、相手に好意を持っている場合が多いとお伝えしました。その場合の好意とは、一体どのようなものなのでしょうか?実は、男性が女性を下の名前で呼ぶという行為の中には、恋愛に発展するかもしれない「脈アリサイン」が隠れている場合もあるのです。

    こちらでは、女性を下の名前で呼ぶ男性心理を《脈アリ編》《脈ナシ編》に分けてご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

    仲良くなりたい


    男性が女性を下の名前で呼ぶ時の心理として「仲良くなりたい」というものがあります。必ずしも恋愛感情であるとは限りませんが、仲良くなりたいと思われている以上、好意があるのは間違いないでしょう。あなたの気持ちや今後の付き合い方次第で、恋愛関係に発展する可能性も十分に考えられます。

    あなたのことが好き


    あなたのことが好きな場合も、下の名前で呼ぶようになるでしょう。男性なら、好きな女性のことはやはり下の名前で呼びたいもの。苗字で呼ぶより下の名前で呼ぶ方が特別感も出ますよね。

    この場合は脈アリのサイン。恋愛に発展するには時間がかからないでしょう。

    関係性を変えたい


    「今の関係性を変えたい」という心理がはたらいている場合もあります。例えば、今は仲の良い友人の1人だとします。友人関係から恋愛に発展させたい場合など、今の関係に満足できなくて関係性を変えたい場合に、そのような心理が働くのです。

    仲良くなりたいのにいつまでも他人行儀でいられると、男性としては「関係を変えたい」「発展させたい」と思うのでしょう。この場合も好意があることには間違いないので、脈アリサインと言って良いでしょう。

    好きな人を身近に感じたい


    「好きな人を身近に感じたい」という心理がはたらいている場合、男性はその女性を下の名前で呼びます。下の名前で呼ぶと、苗字で呼ぶ時に比べて、心の距離がぐっと縮まったような感じがしますよね?

    この場合は、あなたへの気持ちが溢れ出ている状態であると考えられます。思い当たる節がある場合は、よく観察してみるのも良いでしょう。

    距離を縮めたい


    男性が女性を下の名前で呼ぶ時、その女性との距離を縮めたいという心理がはたらいている場合も多いです。

    出会って間もないうちは、相手の事をよくわからない状態のため、会話も探り探りになりがち。ですが、一度相手に好印象を持つと「もっと相手との距離を縮めたい」という男性心理がはたらきます。そのために、下の名前で呼ぶようになるのですね。

    距離を縮めたいのは好意があるからですので、脈アリのサインと思って良いでしょう。

    周りに仲の良さをアピールしたい


    女性を下の名前で呼ぶ心理として、周りに仲の良さをアピールしたいというものもあります。仲の良さをアピールして「2人は付き合ってるみたいに仲良しだね」などと周りに思ってほしいのです。これは、男性の好意の表れです。

    普段は下の名前で呼ばないのに、仲間の前でだけ呼ぶという人もいるようですよ。もしかしたら、あなたの知らない所で呼ばれている可能性もあります。