「苦労人」はオーラでわかる?苦労人の意味や特徴・その魅力に迫る!

この記事では、「苦労人」の特徴や魅力、周囲からの印象などについて詳しく解説していきます。苦労してきた人には性格や見た目にさまざまな特徴があります。それを知ることで、苦労人と呼ばれる人の魅力や、苦労人かどうかを見極める方法がわかります。ぜひ最後まで読んでみてください。

  • そもそも「苦労人」とは?苦労人の意味

    あなたの周りに「苦労人」と呼べる人はいますか?実際のところ、苦労人とは具体的にどのような人のことを意味するのでしょうか。「苦労する」という言葉の捉え方は、人によって異なります。そのため、自覚はないけど周りからは苦労人だと思われていることもあるようです。

    まずは、「苦労人」の本来の意味や、類語についてざっくり解説していきます。

    苦労人の意味


    苦労人とは、苦労を経験して、世の中の事や人情に通じている人のことを意味します。苦労に対する感じ方はその人に委ねられるものですが、周りから見て、苦労人にはさまざまな共通点があるようです。

    苦労人の意味や特徴を正しく理解することで、苦労人かどうかを正確に見極めてみてはいかがでしょうか。

    苦労人の類語


    苦労人の類語には、「遅咲き」「大器晩成型」などがあります。世に出るまでに長い時間がかかった人のことを意味する言葉で、苦労を経て成り上がった人にも当てはまります。
  • 苦労人の特徴とは?《性格編》

    「苦労人」にはさまざまな特徴があります。まずは、苦労人の性格の特徴についてみていきましょう。

    真面目


    苦労人は自分に与えられた仕事を感謝の気持ちを持ってやり遂げるので、周囲から信頼される傾向にあります。仕事中にイライラして周囲に八つ当たりすることもなく、常に真面目で冷静なのが苦労人のいいところでもあります。

    苦労を重ねてきたからこそ、忍耐力が強く、何事にも真面目に取り組めるのかもしれませんね。そんな苦労人は、仕事場で先輩からも後輩からも尊敬される傾向にあります。

    他人に優しい


    本当に優しい人は、苦労を乗り越えてきたからこそ人に思いやりが持てる傾向にあります。苦労を知らない人は我慢することが苦手で、人に優しくできないことも。誰かに不満を抱いたら、我慢が苦手な人はその場で自分を主張して不満をあらわにします。

    そのような人のことを、本当に優しい人だとは思えませんよね。苦労人は人生経験が豊富で、我慢すべきところは我慢できるので、簡単に人に厳しい言葉をかけたりはしません。本当に優しい人は、人に厳しくするのではなく、自分自身に厳しいもの。苦労人は自分に厳しいからこそ、他人に優しくできるのでしょう。

    心配性


    苦労人は、過去に人知れず辛い思いをした経験があるため、人の辛さを自分のことのように心配する傾向にあります。困っている人がいると心配になり、手を貸さずにはいられなくなることも。

    特に、自分の体験と似た状況にいる人には過剰に心配してしまうこともあるようです。自分が辛かった経験を思い出すと、同じように苦しんで欲しくないと思うのかもしれませんね。心配性な性格でもあり、情があるところも苦労人のいいところなのではないでしょうか。

    他人の罪に寛容


    苦労してきた人は、経験を積んきたぶん、他人の罪に寛容な一面があります。他人が自分に対して納得のいかないことをしてきたとしても、怒らずその罪を飲み込むことで、相手を受け入れることもできます。

    逆に苦労を知らない人は我慢が苦手なので、約束をやぶられたり、待ち合わせてに遅刻されたりなど、ちょっとしたことで怒る傾向にあります。苦労人は我慢することに慣れているからこそ、他人の罪に寛容なのです。