「チョーカー」をつける&贈る意味とは?ネックレスとの違いも解説!

トレンドに敏感な女性の間で流行中のチョーカー。ファッションアイテムとして人気を集める一方で、「果たして男性ウケはいいの?」という声もあります。今回は、そんなチョーカーにまつわるアレコレを調査しました。自分用に欲しい人も、恋人にプレゼントしたい人も必見の内容です!

  • そもそも「チョーカー」って何?

    ここ数年、ファッションに敏感な女性の間で流行っているチョーカー。一体どういったものを指すのでしょうか。まずはチョーカーの意味や定義についてご紹介します。

    首につけるアクセサリー


    チョーカーとは、首につけるタイプのアクセサリーを意味します。30代以上の人にとっては、90年代に流行したアクセサリーというイメージが強いかもしれませんね。最近は、海外セレブがコーディネートに取り入れるなど、再び話題になっています。

    黒い革紐にチャームがついたタイプのものが一般的ですが、最近は定番の形以外にも様々な種類が出ています。選択肢が広がって、ファッションのテイストに合わせて自分の好きなタイプのチョーカーを選べるようになり、2016年頃から若い女性を中心に再び注目を集めています。

    14インチの長さのものを指す


    チョーカーは、おおよそ14インチ前後(約35.6センチ)で作られています。女性が着用すると首回りにぴたっと沿ったサイズ感となり、首輪のような見た目になります。チョーカーの語源は、その長さが表すように「窒息させる」という意味の「choke」です。

    首回りのアクセサリーの中では最も短い部類になり、パッと見てかなり目立つため、シンプルな服装のワンポイントにもなります。また、パンクロックな雰囲気を演出するために付けるという人も。いずれにせよ、さりげないオシャレというよりは、自己主張の意味合いが強いアクセサリーと言えるでしょう。