30代で性欲は変化する?男女それぞれの悩みとセックスレス解消法

30代に入ると、女性と男性それぞれに性欲の変化が訪れるのをご存知でしょうか?最近自分の性欲が強くなることに戸惑っている女性や、相手の淡白すぎる対応にモヤモヤしている30代女性も多いのです。そんな悩みを解決するために、男女の性欲事情や本音をご紹介します。

  • 30代の性欲事情!男女それぞれの変化とは?

    30代になると性欲が増すこともあれば、20代の頃のようにギラギラとした気持ちでセックスを楽しめない人もいます。

    男女差だけではなく個人差も大きいとは言われますが、男女双方にズレが生じるとセックスレスの原因となり、最悪の場合は別れを決断するハメになることもあります。30代の性欲はいったいどのように変化をするのでしょうか?

    性についての悩みを解決するためにも、まずは男性、女性、それぞれの性事情について覗いてみましょう。

    男性は30代に入ると性欲が落ちる?


    10代、20代の頃はセックスが大好きだった男性でも、30代になると嘘のように落ち着きます。これは、体力や筋力だけではなく男性機能も低下するため、20代前半をピークに性欲がドンドンと落ちていき、30代に入るとセックスは頻繁にしなくてもいいと感じるようになるからです。

    また、30代になると社会的地位が向上して物事の視野が広がり、セックスだけに興味を注いではいられなくなるためでもあります。セックスよりも明日の仕事をこなすために体力を温存したい、そんな殺伐とした思いが背景にはあります。

    女性は30代後半が性欲のピーク?


    逆に、女性は30代に入ると性欲がドンドン強くなる傾向にあります。30代を境に性欲が高まり、時には我慢ができないほどの焦燥感に駆られて困惑をしてしまう女性も多いです。

    これにはさまざまな要因が考えられますが、30代になると精神的にも社会的にも安定し、自分と向き合う機会が多くなるためだと言われています。

    また、10代、20代は性に対して恐怖心や不安感を抱いていた女性も、30代に入りある程度経験を積むことで、セックスを楽しむ余裕が出てくることも関係しているのでしょう。

    性欲の差からセックスレスになることも


    30代までは性欲の塊のようだった男性が、興味の対象がほかの社会活動に移ったり人間として成長したりすることで、次第に性欲が落ちていくのに対して、女性は30代を境に性欲がピークへと向かいます。そのため、同性代の男女だと性欲にズレが生じて、結果的にセックスレスになることも。

    女性からすれば、なんとか性欲を解消したいため、自分からパートナーを誘ってみたり積極的にアプローチをしてみたりするのですが、性欲が落ちている男性からすれば、女性のそのような行動は苦痛でしかありません。

    「セックスをしたくないのに迫られても困る」そんな思いから男性はセックスを断り、反対に断られた女性は悩み、そしてさらに強くセックスに誘う、という悪循環にハマってしまうカップルも多いのだとか。
  • 30代男女に質問!性欲の変化を感じたことはある?

    パートナーに性欲について聞きたいけれど、ナイーブな問題であるため、なかなか本音を聞けないという方も多いのではないでしょうか?30代の男女はそれぞれ性欲の変化についてどのように感じているのでしょうか?本音を調べてみました。

    やりたいと思う回数が減った


    「20代中頃をピークに、やりたいと思う回数が減ってしまった」(30歳/男性/自営業)
    「30代の頃からセックスに興味がなくなってしまった」(44歳/男性/管理職)

    全ての男性に当てはまるわけではないのですが、30代前後を境にセックスに対して興味を失ってしまうパターンが多いです。

    男性ならば性欲が強くて当然と考えている女性も多い中、やりたいと思うこと自体が減るという事実に、女性は衝撃を受けるのではないでしょうか。

    夫とのセックスに満足できなくなった


    「30代に入ってから、旦那とのセックスでは物足りなさを感じるようになった」(32歳/女性/派遣社員)
    「いつもと同じセックスにマンネリを感じている」(38歳/女性/営業職)

    愛している夫とのセックスに満足できずにモヤモヤしている、という女性の声が目立ちました。

    20代の頃は愛する旦那様とのセックスに幸せを感じていた女性も、30代を境にもっと激しく求めてほしい、もっとたくさん愛し合いたいと性欲を爆発させるようになります。

    しかし、30代を迎えた男性は性欲が落ちていきます。その結果、夫とのセックスに不満を抱くことになる30代女性が増えてしまうのです。

    マンネリ化して苦痛だと感じるようになった


    「旦那とのセックスはマンネリ化して面白くない」(35歳/女性/パート)
    「妻とのセックスは苦痛でしかない」(32歳/男性/会社員)

    男女ともに多いのが、パートナーとのセックスがマンネリ化してしまい、性欲を発散させるどころかむしろ不満ばかりを抱え込んでしまうパターンです。

    30代の男女ではそれぞれ性欲の強さに差があります。個人差もありますが、男性は「ゆっくりと愛を確かめ合いたい」と感じているのに対し、女性は「もっと激しく愛しあいたい」と感じています。

    このズレのせいでお互いのペースが合わず、幸せを感じるどころか苦痛だと感じ、セックスレスに陥ってしまうカップルや夫婦がたくさんいます。

    異性というよりは家族としか見えなくなった


    「妻のことは愛しているが、女性としてではなく家族の一員としてしか見ることができない」(37歳/男性/アパレル経営)
    「パートナーに性欲を抱けなくなった」(43歳/男性/事務職)

    付き合いが長ければ長いほど、相手に性欲を感じなくなる男女も多いです。

    自分が30代になるということは、相手もそれだけ年を重ねているということ。若い頃に出会ったカップルや夫婦ならば、年を重ねて見た目が変わっていくパートナーに戸惑っている可能性もあります。

    セックスをする必要性が感じられない


    「セックスをしなくても特に問題はないから」(36歳/男性/営業職)
    「一緒にいるだけで幸せだから」(29歳/男性/自営業)

    セックスをしなくても、会話をしたり食事をしたり笑いあったりするだけで満足できる、と語る人もいます。

    確かに、愛するパートナーとなら、セックスをしなくても一緒にいるだけで幸せを感じられますが、性欲が増加している女性からすれば「愛しているからこそ体を重ねたい」と感じるのも当然だといえます。