エッチな夢の意味とは?エッチな夢を見る心理&方法を徹底解析!

エッチな夢を見ると、「こんなエッチな夢を見た!」とびっくりしてしまうこともありますよね。エッチな夢には色々な解釈の仕方があります。今回の記事では、エッチな夢の解釈や、エッチな夢を見るときの心理、またエッチな夢を見たいときの眠り方などについてお伝えしていきます。

  • エッチな夢を見た…私って欲求不満?

    あなたはエッチな夢を見ることはありますか?「見たことない」という人もいれば、「よく見る」という人もいるでしょう。

    人によってその頻度は違いますが、これまでに一度もエッチな夢を見たことがないという人はあまりいないのではないでしょうか。では、実際はどうなのかを解説していきます。

    エッチな夢を見る人は多い


    実は、エッチな夢を見る人は意外と多いようです。覚えていないだけで、エッチな夢をよく見ている可能性もあるのだとか。たとえ夢をあまり覚えていない人でも、一度くらいは見たことがあるのではないでしょうか。

    エッチな夢はリラックスしたときに見やすいという説もありますが、はっきりした理由はわかっていません。ともあれ、多くの人がエッチな夢を見ているので、「あんな夢を見てしまった!」と恥ずかしがらなくても大丈夫です。

    欲求不満以外にも意味はある


    エッチな夢を見る理由として、もちろん性的な欲求不満もあげられます。しかし欲求不満がないときでも、エッチな夢を見ることがあるのです。

    例えば、ストレスや疲労がたまっていたからとか、仲良くなりたい人がいるからなど、理由は様々です。以下の章では、エッチな夢を見る主な理由や、シチュエーション別のエッチな夢の意味などについてお伝えしていきます。
  • エッチな夢を見る意味&心理とは?

    エッチな夢を見るときは、欲求不満が高まっているときだけではありません。では、どんなときにエッチな夢を見るのでしょうか。ここではエッチな夢を見るときの心理や意味についてお伝えしていきます。

    運気上昇の表れ


    実はエッチな夢は運気上昇の兆しでもあります。エッチな夢を見るということは、新しい気力が出つつあるという心理の表れです。あなたの中で、性欲だけではなく、気力や活力も充実してきているのかもしれません。

    エッチな夢を見た朝に気力の充実を感じたら、何か新しいことを始めるチャンス。実行したい計画があるのなら、近いうちに実行に移した方が良いでしょう。

    ストレスや不満を抱えている


    性欲だけでなく、ストレスや不満が高まっているときもエッチな夢を見やすくなります。職場や学校で言いたいことが言えないなど、我慢を重ねているとエッチな夢を見るのです。

    エッチな夢はリラックス効果があると言われていますので、ストレスや不満で緊張している心理を、エッチな夢で緩和しようとしている可能性があります。

    スキンシップを求めている


    スキンシップを求めているときも、エッチな夢を見る傾向があります。なんとなく人肌恋しいときや、心細いと感じているときに、人の肌と触れ合うようなエッチな夢を見やすくなるようです。

    エッチな夢を見た時の感覚が寂しいものだった場合は、スキンシップを求めている可能性が高いです。セックスをしたいというより、人との触れ合いや会話を求めているのではないでしょうか。

    性欲が高まっている


    エッチな夢を見た時に第一に考えられる理由は、「性欲が高ぶったから」というものです。直感的に一番に思いつきやすい理由で、事実、性欲が高い時期はエッチな夢を見る回数が多くなります。

    夢の印象がエロい感じだったら、性欲が高くなっていると思って良いでしょう。オナニーで性欲の処理をしたり、パートナーとセックスしたりして、健康的に性欲を解消してくださいね。

    やや疲れ気味


    身体や心が疲れ気味の時も、エッチな夢を見ることがあります。もう少し頑張りたいのに頑張りがきかないときなどに、身体がエッチな夢を見て活力を取り戻そうとしているのかもしれません。

    夢から目覚めた時に、エロい感覚ではなく疲れの感覚の方が強いときは、疲れがたまっている可能性があります。そんな時は疲れがたまりすぎないうちに、適度に休息を取ると良いでしょう。

    新しいことがしたい


    気力が充実して新しいことを始めたいと思っているときも、エッチな夢を見る傾向があります。エッチな夢を見た時に、活力ややる気が満ち溢れている感覚があったら、気力が充実している状態だと思って良いでしょう。

    元気があるときなので、新しいことを始めてもうまくいく可能性が高いです。前々から温めていた計画などがあるなら、実行に移してみてはどうでしょうか。