癇癪持ちの原因&特徴とは?対応方法と上手く付き合うポイントを解説

  • 癇癪持ちと上手く付き合うポイントとは?

    癇癪持ちの人とあまり関わりたくないと思ってしまうのは仕方のないことですが、社会に出れば、そういうわけにはいかないことも多いです。癇癪持ちの大人が周囲にいる場合、どのように付き合えば良いのでしょうか。癇癪持ちと上手く付き合うポイントを押さえておきましょう。

    こちらまで感情的にならないよう注意する


    相手が癇癪持ちだからと言って、同じ土俵に立ってはいけません。癇癪持ちに怒りを倍返しにしても解決はしませんし、それどころか周囲から同等に見られてしまうリスクもあります。一方的に癇癪を起こされると悔しくなる気持ちは分かりますが、せめて自分だけは感情的にならないようにしましょう。

    相手は興奮しているので、興奮が収まるまでひたすら待っていましょう。こちらが落ち着いた対応をしていれば、周囲はどちらが真っ当なのか、きちんと判断してくれるはずです。

    子供の癇癪はよくあることと理解する


    癇癪持ちが子供である場合は、ある程度は仕方のないことだと思うようにしましょう。大人だって上手く伝えることができずに分かってもらえない場合、とても悔しい気持ちになりますね。感情のコントロール方法が身についていない子供ならなおさらなのです。癇癪を止めてほしい一心で子どもを怒るのはやめましょう。

    ダメなことはダメと毅然とした態度で教えることは必要ですが、まずは子供の気持ちを汲み取るように努力したいところです。

    適切な距離を保つ


    距離を置くことができる相手と、できない相手がいます。たとえば、職場の同じプロジェクトの上司であれば、距離を置くことはできません。しかし、癇癪持ちの特徴がある人と親密に付き合うと、辛いことも多いですよね。癇癪持ちの人と距離を置くことができない場合は、たとえば仕事ではしっかり相談しながら進めるが、プライベートでは一切関わらないなど、適切な距離を保つようにしてください。

    もしその癇癪持ちの人が仲良しグループの一人ならば、グループでは会うけど2人だけでは会わないなど、「仲は良いけど、深い付き合いはしない」という関わり方をおすすめします。

    とりあえず同調しておく


    癇癪持ちの人が何か言い出した時は、自分に悪影響が及ぶ話でない限り、とりあえず同調しておくのも手です。癇癪持ちの人が同僚の悪口を言い始めたら、決して話には乗らずに「へえ、そうなんですねー」と同調だけするのです。「そうそう!」などと話に乗ると「あの人も悪口を言っていた」と言われかねません。波風を立てない程度に同調し、話を受け流すようにしましょう。