癇癪持ちの原因&特徴とは?対応方法と上手く付き合うポイントを解説

  • 癇癪持ちを改善する方法

    癇癪持ちの人は、実は自分が癇癪持ちで良いと思っているわけではありません。自分でも直したいけど、どうやって癇癪持ちの性格を直せば良いのか分からずに困っている場合が多いのです。

    そんな方のために、こちらでは癇癪を改善する方法をご紹介します。癇癪で悩まされている人は、ぜひ参考にして実践してみてください。

    バランスの良い食事をとる


    毎日の食生活が今日の体を作っているので、バランスの取れた食生活が大事なのは大人も子どもも同じだと言えるでしょう。栄養バランスが悪いと、必要な栄養素が足りずにイライラしやすくなってしまいます。魚や野菜、果物などを食事メニューに取り入れ、「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンなどの物質が分泌されやすいようにすることもおすすめです。

    お菓子やカップラーメンは控え、暴飲暴食を避けることも必要です。まずは日頃の食事内容について見直してみましょう。

    適度に運動する


    癇癪持ちと運動に何の関係があるの?と疑問に思う人もいるでしょう。適度に運動すると脳の血流が良くなり、脳が活性化されます。また、脳が活性化されると幸せホルモンであるセロトニンの分泌も正常に行われ、思考力ややる気が継続する上に、運動による達成感や気分転換が心に良い影響をもたらすことが分かっています。

    運動不足は血流が悪くなるため、疲れがなかなか取れません。疲れやすく、疲れが取れにくいため、ストレスが溜まりやすいのです。また、体が疲れていないのに脳は疲れるという現象も起こりやすく、体と脳の疲れがアンバランスになり、不眠を引き起こす恐れがあるので注意しておいてください。

    ストレス解消法を身につける


    性格は千差万別ですから、ストレス解消法は人それぞれだと言えます。音楽が好きな人、旅行が好きな人、スポーツをすることが好きな人、マッサージが好きな人、それぞれ自分がリラックスできる、リフレッシュできるストレス解消法を身につけておきましょう。

    ストレスは、生きている限り多かれ少なかれあるものですよね。そのため、ストレスのない人生を目指すよりも、ストレスをこまめに解消する技を身につけることが重要です。

    自分が癇癪持ちであることを理解する


    癇癪持ちの人すべてが「自分は癇癪持ちだ」と自覚しているわけではありません。自分が癇癪持ちだと思っていなければ、癇癪持ちを改善することはできないのです。周囲の意見や癇癪持ちの特徴を改めて振り返ってみて、まず「自分は癇癪持ちの特徴をいくつか持っている」「人に迷惑をかけているかもしれない」ということに気づかなければならないのです。

    何だか周囲と上手くいかないな、自分の気持ちを上手く伝えることができないなと感じているのなら、癇癪持ちの特徴がないか自己分析してみましょう。

    なぜ自分は癇癪を起こしたか考える


    癇癪を起こす時、どんなことに対して癇癪を起こしていますか。癇癪持ちの人は、すべての出来事に癇癪を起こすわけではありません。自分は何が原因で癇癪を起こしてしまったのかを、まず考えてみましょう。

    プライベートでは我慢できるが、仕事にはこだわりがあって職場で癇癪を起こしやすい、あるいは外では我慢できるが、家では癇癪を起こしやすいなど、自分のパターンを分析するのです。さらに、癇癪の原因が相手にあるのか自分にあるのかを見極めるようにしましょう。相手に落ち度はないのに、単に当たり散らしてしまっているだけなのかもしれません。

    自分に問題はなかったか、周囲に相談できそうな相手はいるのかを考えてみましょう。

    専門機関に相談する


    癇癪持ちの人は、単なる性格ではなくメンタルに問題がある場合も考えられます。養育環境も大きく影響する要因であり、愛着障害や境界性パーソナリティー障害などを発症しているケースも否定できません。まずは、自己診断してしまわず、心療内科などの専門機関に相談し、専門医師の指示を仰ぐようにしましょう。

    「こんな自分が嫌だ」「でも直せない」という葛藤で苦しみ続けるよりも、まず治療が必要なのかどうかを確認しておくと、今後の方針を立てやすいのではないでしょうか。