【強力キケン】別れさせるおまじない総まとめ!やり方や注意点も

  • 【強力】別れさせるおまじない12選!《続き》

    ここまで紹介したおまじないはいかがでしたか?鏡を割ったり、長い呪文を正しく覚えたり、ろうそくを針で刺したり、少しハードルが高いものもありましたね。

    相合傘やお風呂のおまじないは比較的簡単なのでやりやすいかもしれませんが、家族や友人にバレたときに言い訳ができないようなやり方だと感じた人もいるのではないでしょうか。

    しかし、まだまだ別れさせるおまじないは存在します。そこでここからは、おまじないであることがバレにくいやり方のものを中心にご紹介します!

    キンセンカの花のおまじない


    このおまじないでは、キンセンカの鉢植えを用意します。やり方は毎日水をあげるときに「2人が別れますように」と念じるだけです。

    キンセンカは「別れの悲しみ」「絶望」など別れに関係する花言葉を持っていることから、別れさせるおまじないとしての効果が期待できます。鉢植えさえ用意すれば毎日簡単にできて、おまじないだと気づかれないところがおすすめです。

    たんぽぽのおまじない


    花を使ったおまじないがもう1つあります。このおまじないでは、たんぽぽが描かれた紙を用意します。自分で描いてもOKです。

    毎晩寝る前に、彼と相手の女性に別れてほしいと願いを込めて枕元に置いてください。彼女に対する邪悪な気持ちを込めるより、彼を愛する気持ちを込めるほうが効果的です。

    というのも、たんぽぽには「真心の愛」「愛の信託」という花言葉があるのです。一方で、「別離」という意味の花言葉も持っています。彼に対する愛情の深さをたんぽぽに託してみてください。

    硬貨のおまじない


    用意するのは、2枚の5円玉、1枚の1円玉、赤い糸です。まず、自分と彼をイメージしながら、2枚の5円玉を赤い糸でちょうちょ結びをします。1円玉には、相手の女性を想像しながら息を一息吹きかけてください。お財布に入れたらおまじないは完了です。

    1円玉は、使う機会があれば使って手放してしまいましょう。ただし、2枚の5円玉は、おまじないが成功するまで絶対に保管してくださいね。

    50円玉のおまじない


    硬貨を使ったおまじないがもう1つあります。今回使うのは、1枚の50円玉と赤い糸です。50円玉に赤い糸を通して手に持ち、別れてほしい女性が住んでいる方角を向いて「あなたは彼と絶対に別れます。あなた達は仲が悪くなります」と強く念じる、というやり方です。

    可能な限り毎日同じ時間に行うことで、効果が強くなります。

    歯ブラシのおまじない


    同じ型の歯ブラシを3本用意して、自分の名前と彼の名前、別れてほしい女性の名前を書きます。あなたの名前が書かれた歯ブラシと彼の名前が書かれたものは同じコップに入れてください。相手の女性の名前が書かれたものは一緒に置かなければどこに置いても大丈夫です。

    簡単なやり方ですが、日常的に使う物には思いを込めやすいことから、別れさせる効果が期待できますよ。

    紐のおまじない


    まず、30センチ以上の黒い紐を用意してください。どんな素材でもいいですが、新品であることが絶対条件です。

    「これから二人の愛は終わる。二人には不幸が訪れる。これは不調和の結び目であり、嫌悪の結び目でもある。別れが運命。愛に終わりが訪れることを待っている」

    別れさせたい2人を思い浮かべてこの呪文を繰り返し唱えながら、2.5センチ間隔で9個の結び目を作ります。このとき、結び目がほどけないようにしっかり結んでくださいね。

    あとは、他人には見られないあなたの引き出しやポーチに隠し、紐を見る度に別れるように念を込めるか呪文を唱える習慣をつける、というのがこのおまじないのやり方です。

    紐の結び目は運命を止めると言われています。無事に別れさせることができたら、感謝の言葉を伝えながら紐を処分してください。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)