手が綺麗な人はモテる?綺麗な手の条件&指先まで美しい女性の性格

  • 手が綺麗な人になる方法とは?

    綺麗な手になりたくても、どうやってなったら良いかわからないときもありますよね?「どうしても綺麗な手になりたい!」そんなときはどうすれば綺麗な手になれるのでしょうか。ここでは、綺麗な手に近づくための方法をいくつかご紹介していきます。

    保湿ケアを欠かさず乾燥から防ぐ


    手の肌をスベスベの美しい肌に保つには、保湿が何よりも大切です。しかし手は水仕事などで使うことも多く、乾燥しやすい場所でもあります。

    酷使されがちな手を綺麗に保つには、手の甲の肌が乾燥しないようにこまめに保湿して水分を保つことが大切です。水を使ったらそのたびに保湿クリームを塗るようにしましょう。

    水仕事はゴム手袋を着用する


    食器を素手で洗う行為は、手の肌の乾燥を強くする行為です。食器洗いを素手で行うと、食器用洗剤の刺激や大量の水で肌の潤いが減ってしまうおそれがあります。

    手の肌に負担が大きい食器洗いをするときは、食器洗い用のゴム手袋を装着しましょう。ゴム手袋をつけることで、水や洗剤の刺激から手の肌の潤いを守ることができます。

    保護ネイルや爪やすり等でツヤを出す


    指先を美しく見せるためには、爪にツヤを持たせることが大切です。爪の表面をツヤツヤにするには、爪やすりで削る、保護ネイルを塗るといった方法があります。

    指が長くて美しくても、爪があまり美しくない状態だと魅力が減ってしまいます。手の肌だけでなく爪もきちんとお手入れをして、手の綺麗さを保っていくようにしましょう。

    爪の形はオーバルがベター


    爪の形も手を美しく見せるためには重要な要素です。爪の形は大きく分けてラウンド、スクウェア、オーバルがあります。丸い形のラウンドはやや幼く見え、スクウェアは何となく攻撃的です。

    全ての年齢でおすすめなのは、ラウンドやスクウェアの中間ぐらいにあるオーバル型。主張しすぎず幼すぎず、コンサバな形なので職場でも違和感なく受け入れられるはずです!

    ネイルカラーはピンクベージュ


    指が最も美しく見えるのは、本来の爪の色に近いピンクベージュです。爪が主張しすぎず、指や手の肌などにも目線が行くことで手の綺麗さをより強くアピールすることができます。

    ピンクベージュといってもバリエーションが豊かなので、自分に合った色を選ぶことが大切です。肌が白くて血管が青く見えるような肌タイプの人は、ピンク寄りの色を選ぶと良いでしょう。

    反対に、肌の黄みが強めの人はベージュ寄りのピンクベージュの方がおすすめです。ベージュが主張しすぎず、肌色が映えやすくなります。

    水分補給も忘れない


    水分補給は手指の綺麗さとは一見無関係に見えるかもしれません。しかし水分を正しく取っていないと、肌が脱水を起こして美しさが損なわれる可能性があるのです。

    肌に充分な水分を行き渡らせるには、こまめな水分摂取が大切です。1時間に1度程度、意識的に水分を取るようにしましょう。また、水分補給の他にも、規則正しい生活や栄養バランスの整った食事も大切ですよ。