手が綺麗な人はモテる?綺麗な手の条件&指先まで美しい女性の性格

  • 手が綺麗に見える仕草とは?

    手指が綺麗な人は、動作を美しくすることでより手の美しさを際立たせることができます。ではどんな動作をすると、より手が綺麗に見えるのでしょうか?ここでは、手がより美しく見える動作や所作についてお伝えしていきます。

    手に卵を持っているような空間を作る


    手指を美しく見せるには、手のひらに少し空間が空いていることが大切です。ポイントは卵を持ったような手の形にすること。手のひらに丸い空間があることで、指の曲線を優美に見せることができます。

    感覚がわからない場合は、実際に家にある卵を手のひらで包むように持ってみると良いでしょう。指のカーブの具合などがわかるようになりますよ。

    指先を使ってモノを持つ、拾う


    指先で物をつまんだり拾ったりすると、手指がより美しく見えるようになります。「狐の手」と言ったらわかりやすいかもしれません。親指と中指、薬指を狐の形にくっつけるような形です。

    そのような形の手で指先で物をつまんで拾い上げると、美しい所作になります。5本指でガツっとつかむのは頼もしいですが、エレガントに見せたいときはあまりおすすめできません。

    ゆっくりと丁寧に動く


    手の綺麗さを際立たせるには、早く動くよりもゆっくりと動いた方がベターです。ゆっくりと優雅に指先を動かすことで、長い指がより美しく綺麗に見えます。

    急がなくてはいけないときは仕方ありませんが、ゆっくりした動作でも構わないときはスローペースで動いてみましょう。

    雑に物を動かさない


    せっかく指先まで気を使った綺麗な手にしていても、手で物を動かすときに雑な動きをすると魅力が減ってしまいます。物を動かすときも丁寧な動きを心がけることが大切です。

    ゆっくりとした丁寧な動きで物を移動させると、物を丁寧に扱う女性という印象を与えることもできますよ。

    曲線の動きを意識する


    手の動きに限らず、直線的な動作よりも曲線的な動作をした方がエレガントに見えます。手や指先を動かすときに、直線的に動かさずにゆったりと円を描くように動かしてみてください。

    バッとまっすぐに移動するよりも、優美で可憐な印象を与えることができるでしょう。曲線的な動きで、かつゆっくりと動くことが大切です。

    適度に指先をゆるませる


    指先が固く閉じていたり、手のひらをぐっと握りしめていると、堅苦しい印象を与えることがあります。手指を綺麗に見せるには、堅苦しい動きよりも柔らかい動きのほうが効果的です。

    手に力が入らないように、指先の力を抜いて手のひらに卵を持っているような空間を作ります。そうすることで、手の形がふんわりとした柔らかい印象になるはずです。