「オーラのある女性」の特徴とは?華やかオーラになる方法を解説!

  • オーラのある女性になる方法とは《外見編》

    オーラのある女性は素敵ですが、「持って生まれた才能や性格でしょう?」「ネガティブな自分には到底なれない…」と最初からあきらめる人もいるのではないでしょうか?しかし、少しずつ考え方や価値観を変えることで、どんな人でも華やかできれいなオーラを身につけられます。

    オーラのある女性になるための方法を、細かくご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。きっと世界が変わるはずです。まずは、マネしやすい外見編からチェックしていきましょう!

    常に姿勢を正す


    オーラのある女性になるためには、まず姿勢を正すことから始めましょう。猫背では自信がないように見えてしまいます。

    オーラのある女性はうつむいたり、上目遣いもしません。背筋を正して、正しい位置で顎をキープし、目線はまっすぐ。姿勢の悪い人が多いので、これだけでも華やかな空気感を作れます。

    きれいな言葉遣いを心がける


    言葉遣いを正すことも、オーラのある女性になるための第一歩です。友達同士で喋っているときでも少し気を付けるようにすると、だんだん身についてきます。流行り言葉や若者言葉はみんなで盛り上がるときには便利ですが、オーラのある素敵な女性に似つかわしくありません。

    きちんとした敬語や正しい日本語をマスターすること、そして丁寧な話し方をすることを意識すると、自然に品の良さが生まれてくるものです。

    清潔感を心がける


    清潔感がない女性は、いくら外見を繕っても、オーラがあるとはいえません。髪の毛がベッタリと脂ぎっていたら不潔に見えてしまいますし、洋服の皺やシミも第一印象を悪くする原因になります。当たり前のことですが、清潔感は人の第一印象を大きく左右します。

    肩に落ちるフケ、手入れをしない爪、変色した歯…これらはすべてオーラのある女性とは無縁のものです。当たり前といえば当たり前ですが、人を不快にさせない程度の清潔感を保つことを意識しましょう。

    身だしなみを整える


    身だしなみをきちんと整えることも、オーラのある女性に欠かせないポイントです。面倒くさいからといって、朝からボサボサの髪の毛で外出したり、電車の中でメイクを始めたりするなど、オーラのある女性なら絶対にしないことです。

    家から一歩出たら公共の場ですから、きちんと身だしなみを整えて外出しましょう。なにも朝からバッチリメイクしてゴミ出しをしろと言っているわけではありませんが、人からだらしなく思われない程度には、身だしなみを整えるようにしましょう。

    品のある装いをする


    オーラのある女性を目指すのなら、品のある装いを意識しましょう。10代や20代の学生がトレンド感のあるファッションを楽しむのは、とても良いことです。しかし華やかなオーラのある人は、下品な露出やゴテゴテした派手なデザインは選びません。

    むしろ地味なコーディネートをしていても、華やかな雰囲気のおかげで目立ってしまうのがオーラのある女性です。トレンドを取り入れつつ、自分らしい品のある装いを心掛けると、内面の魅力も引き立ってきますよ。