「オーラのある女性」の特徴とは?華やかオーラになる方法を解説!

  • 「オーラのある女性」はモテる?男性の印象とは

    オーラのある女性の周りには人が集まります。それは男性女性を問わず、惹きつける魅力を持っているから。いわゆる「人間力」というものですが、異性として考えたとき、オーラのある女性のことを男性はどのように見ているのでしょう?オーラのある女性はモテるのか、男性のリアルな意見を紹介します。

    きちんと自分を持っていて魅力的


    「オーラのある女性って、押し付けずに自分の意見をきちんと言えますよね。自分がブレブレなタイプなんで、こういう女性は魅力的です」(27歳/男性/サービス業)

    押し付けずに自分の意見を言うのは難しいことですが、それをサラリとやってのけるのがオーラのある女性。特に人から影響を受けやすいタイプの男性だと、隣で支えてもらえれば安心できるはず。

    自分の意見がしっかりしているので、時にワガママになってしまう男性の舵取りも、オーラのある女性はとても上手ですよ。

    言葉遣いや動作がキレイな女性に目を引かれる


    「言葉遣いとか動作がキレイだと、つい目を奪われます。雰囲気に品があるっていうか、華やかっていうか…。最近ガサツな女子が多いので、言葉や動作がキレイな人には見とれてしまいます」(32歳/男性/役員)

    オーラのある女性は、華やかな雰囲気とともに、品の良さを持っています。その品の良さは、言葉遣いや動作に顕著に表れるもの。

    例えば、物をもらうときに「これいる?」と言ってポイっと渡されるのと、「良かったら貰ってください」と渡されるのとでは、ずいぶん印象が違いますよね。また、所作の美しい人を彼女にすると、上司ウケもよいそうです。男性が本命の彼女として所作の美しい人を選ぶのも頷けますね。

    会話の引き出しが豊富で楽しい


    「オーラのある女性って、会話の引き出しが豊富なんですよ。物知りだし、かといってウンチクをひけらかしてダルい空気にもしないし。会話運びがうまいんですよね。喋ってて気持ちがいいので、もっと一緒にいたくなります」(35歳/男性/経営)

    会話の引き出しが豊富なのも、オーラのある女性の一つの特徴です。好奇心が強く、いろいろなところにアンテナを張っているので、どのような会話でも楽しく入っていけますし、かといって「これ知ってる?」と長いウンチクを語ることもしません。

    豊富な知識と絶妙な空気感で男性の心を捕えてしまうのが、オーラのある女性なのです。

    気遣いができる女性だから一緒にいて心地よい


    「気遣いがある女性は、素敵なオーラを持ってるなと思います。親切を押し付けてくるお節介焼きとは違って、気づかれないようにサラリと気を使ってる。そこに気づくいたらドキッとして惚れちゃいます。素直に感心してしまうんです」(39歳/男性/支店長)

    周りへの気遣いが上手な人は素敵ですよね。これ見よがしに気遣いをする人がいますが、これは評価してほしいという気持ちが強すぎて、逆効果です。

    気づかれないことも多いのですが、評価を求めてやっているわけではないので、オーラのある女性はそんなことは気にしません。しかし、女性の心配りのさりげなさに気づいた男性は「ドキッ」としてしまうようです。

    嫌なことを言わないので会話が楽しい


    「華やかなオーラのある女性って、人に嫌なことを言わなくないですか?一緒にいて気分を害することがないので、純粋に会話を楽しめます。それだけ魅力的ってことですね」(28歳/男性/販売)

    オーラのある女性は、人を惹きつける魅力を持っています。それは外見が魅力的だからという理由だけでなく、華やかで楽しそうな雰囲気を持っているからです。そういう雰囲気は心が汚いと生まれません。

    オーラのある女性と一緒にいると気持ちよく感じるのは、その女性が嫌なことを言わないからです。常にポジティブで、人の気分を害することなく純粋に会話が楽しめる。これがオーラのある女性がモテる理由ですね。

    一緒にいて刺激的


    「オーラのある女性からはすごく刺激を受けます。会話の内容も楽しいけど、それ以前にいつも前向きで、一緒にいると『俺もやらなきゃ!』という気分にさせられる。結婚するならこんな人がいいな」(26歳/男性/クリエーター)

    常に前向きで目標に向かって努力をしている人といると、やる気をもらえます。資格を取ったり、興味があることについて知識を広げたり…。オーラのある女性の行動力には目を見張るものがあります。

    男性としても、良い意味で刺激を受けるのでしょう。人として素直に尊敬できる女性が異性から魅力的に見られるのは、当たり前ですね。