「フリーセックス」その意味は?フリーセックスを楽しめる人の特徴

「フリーセックス」という言葉をご存知でしょうか?日本と海外とでは、フリーセックスという言葉の意味が大きく異なります。この記事では、日本と海外におけるフリーセックスの意味の違いや、フリーセックスを楽しめる人の特徴、注意すべき点をご紹介します。

  • 「フリーセックス」って知っていますか?

    「フリーセックス」という言葉を聞いたことはありますか?「フリーセックスをしている」なんて聞くと、いかにも性に奔放そうな印象を受けますよね。海外発祥の言葉であるためか、日本ではあまり聞きなれない言葉ですが、じわじわと広まりつつあります。

    フリーセックスという言葉から「遊び人」を連想する人もいるでしょう。ですが、フリーセックスはなにも遊び人だけに当てはまるわけではありません。

    今回は、フリーセックスの意味について解説した後に、実際にフリーセックスを楽しんでいる人の特徴や、フリーセックスをする際に気を付けるべきことをまとめてご紹介します。

    フリーセックスの意味の違いとは


    それでは、まず初めに海外と日本との「フリーセックス」の意味の違いを比較してみましょう。同じ言葉ですが、フリーセックスという言葉の認識には、大きな差があるようです。

    海外での「フリーセックス」


    「フリーセックス」という言葉が発祥したのは、スウェーデンです。もともとのフリーセックスの意味は「性別からの解放」を示しています。「セックスは異性間で行うもの」という固定観念を覆したのですね。また、スウェーデンでは性別や年齢を問わず「セックスをしたい!」という欲求を社会全体が尊重しています。

    日本では歳を重ねるとセックスから遠のく印象がありますが、スウェーデンではおじいちゃん、おばあちゃんと呼ばれる世代になってもセックスを楽しむことができるのです。だからこそ、フリーセックスの思想が浸透したと言えるでしょう。

    日本での「フリーセックス」


    一方、日本での「フリーセックス」は、単語を直訳した「自由にセックスする」という意味で浸透しています。もしくは「誰とでもセックスをすること」という意味でも理解されているようです。海外の「フリーセックス」の意味とはかなりギャップがありますよね。

    そのような認識のためか、日本でフリーセックスという言葉を使うと「性にだらしない人だ」という印象がついてしまい、フリーセックスを積極的に行っている人は敬遠されてしまうのです。