「今こそ彼女に手料理を作ってほしい!」と妄想する瞬間9パターン

「男性をとりこにするなら胃袋をつかめ」というように、手料理は代表的なアピール方法の一つ。男性が喜ぶタイミングで手料理を振る舞えたら、アプローチ効果がさらに上がりそうです。そこで、『スゴレン』男性読者に聞いた「男性が『今、彼女が手料理を作ってくれたら幸せだなぁ』と妄想する瞬間」を紹介します。

  • 【1】風邪などの病気で寝込んだとき

    「病気のときは温もりを感じたくなる」(30代男性)と、心細いときに、愛情が込められた手料理で彼女の温もりを感じたいと思う男性は多いようです。彼の看病をしに行き、おかゆを作るといった定番シチュエーションは、男性の心に響きやすいといえそうです。