50代既婚男性の恋愛心理&魅力に迫る!効果的なアプローチ方法とは

  • 50代男性と付き合うリスクと注意点!

    ここからは、50代男性と付き合うにあたってのリスクと注意点をご紹介します。当然ながら不倫は相当なリスクを伴います。既婚男性との関係を長続きさせるために、この記事を読んで注意すべきポイントを押さえておきましょう。

    遊びの幅が制限される


    既婚の男性とお付き合いする場合は、当然ながら、遊びの時間も会える場所もかなり制限されてしまう事を覚えておきましょう。既婚男性の家庭の都合に合わせてデートや連絡をしあうことが暗黙のルールとなります。あなたがいくら会いたくても、このルールが優先されます。

    相手に家庭の都合があることを大前提として付き合うため、「今すぐ会いたい」という要求はめったに通りません。不倫関係を長続きさせるためには、男性に無理をさせない約束の仕方を心がけましょう。

    慰謝料を請求される可能性も


    不倫関係の一番のリスクは、不倫がバレて慰謝料を請求されるかもしれないということです。男性が離婚してしまった場合はもちろん、離婚はしなくても不倫の代償として慰謝料を請求されることもあります。

    不倫をしても刑事罰などはありませんが、民法では既婚者が配偶者以外の人と肉体関係を持つと不貞行為とみなされ違法となってしまいますので、慰謝料の支払いからは逃れられません。もし慰謝料請求をされたら、弁護士を雇って出来る限り減額を試みるしかないでしょう。

    会社を解雇される恐れも


    もしあなたがしっかりした会社に勤めているなら、不倫が表沙汰になった時に会社を解雇される恐れがあります。大手企業であればあるほど、社員の不祥事に対しては厳しく対処する傾向にあるからです。同じ会社の人と不倫関係にあった場合は、尚更問題視されるでしょう。

    会社側は周りの社員への影響や会社のイメージを考慮して、問題のある社員を解雇したり、地方や海外などへの転勤を命じたりすることも多いです。

    普通の恋愛ができなくなる


    一度不倫関係に陥ってしまうと、普通の恋愛がしづらくなってしまう人もいます。その理由は、不倫したことで社会的な信用を失い、恋愛相手が見つからないということが1つ。そして不倫をしてしまったことによる罪悪感から、次の恋愛に踏み出せなくなるということが挙げられます。

    一度不倫を経験してしまうと、普通の恋愛に踏み出すのはなかなか難しくなるでしょう。