50代既婚男性の恋愛心理&魅力に迫る!効果的なアプローチ方法とは

  • 恋愛対象になりたい!50代男性へのアプローチ方法

    もしも本気で好きになってしまった相手に家庭があった場合、どうしたら自分に振り向いてもらえるのか気になる所です。家庭を持っている50代既婚男性は妻以外の女性のことを簡単には好きになりませんし、仮に好意を持ったとしても大抵の男性は自制します。

    では、そんな50代既婚男性に自分のことを好きになってもらうためにはどうしたらいいのでしょうか?その方法を詳しくご紹介します。

    相手の話を聞いてあげる


    恋愛の相手が50代既婚男性の場合、突発的、感情的に行動するよりは、計画的に距離を縮めていく方が良いでしょう。まずはお互いのことをよく知り、自分に興味を持って貰うことが大切です。

    50代既婚男性のことを知るためには、相手の話をよく聞く必要があります。男性は自分に興味を持ってくれる女性を無下には出来ませんし、むしろ嬉しいと感じるでしょう。また会話の中から男性の好きなタイプの女性が浮き上がって来るので、より有効なアプローチが可能になります。

    50代既婚男性を癒す存在になる


    仕事で上手くいかずに落ちこんでいる50代既婚男性に、そっと側に寄り添って優しく接するのも有効なアプローチ方法です。誰でも辛いときや落ち込んでいるときに優しくされると嬉しいですし、それだけで励みにもなります。

    たとえほとんど意識したことがない女性でも、落ち込んでいるときに優しくされると「いい子だな」と意識してしまうものです。また、妻と不仲の50代既婚男性は家庭の外に癒しを求めているタイプが多いので、ここから恋愛関係に発展することも十分期待できます。

    既婚男性を褒めてあげる


    男性は女性から褒められるだけでとても嬉しくなります。普段あまり褒めてもらう機会のない50代既婚男性なら尚更です。些細なことでも、大げさに感じるくらい褒めてあげると良いでしょう。その際、「かっこいい」「素敵ですね」といった抽象的な言い方でも良いのですが、「こういう所が素敵だと思います」と具体的に褒めてあげるとより効果的です。

    職場が一緒なら仕事ぶりを尊敬していることを伝えるなど、既婚男性の些細な行動を褒めてあげるだけで「この子はいい子だ」と憎からず思ってもらえるはずです。

    50代既婚男性に頼る


    男性は女性から褒められるのはもちろん、頼りにされるのも喜びます。なぜなら、男性としての自分の存在意義を確認できるからです。50代既婚男性に振り向いてほしいと思ったら、日常の些細な事でも頼ってみると良いでしょう。それだけで「この子は良いな」と意識させることができます。

    自分一人で解決できそうなことでも「あなたに力になってほしい」と男性を頼ってみると、「可愛らしい子だな」と思ってもらえるようになるかもしれません。ただし、いつも男性に頼ってばかりだと「他人任せで面倒くさがりな女性だ」と思われてしまうので、適度に頼るようにしましょう。

    同じ趣味を持つ


    気になる50代既婚男性がいるなら、その人の趣味を探ってみるのも一つの方法です。もし自分の知らない趣味であったとしても、男性の趣味に興味を持つことで急接近し、親しくなることができます。まずは男性に「趣味の話を聞かせて欲しい」とお願いしてみましょう。

    男性のほとんどは趣味の話になると熱く語る傾向にあり、喜んで話してくれるに違いありません。また趣味の話に没頭している間は、日常のことを忘れて楽しい気持ちになれるので、一緒にいるあなたに対しても良い印象が残ります。そして最終的に二人で一緒に趣味を楽しめる仲になれば、恋愛関係になる日は遠くないでしょう。