50代既婚男性の恋愛心理&魅力に迫る!効果的なアプローチ方法とは

  • 見逃してない?50代既婚男性の好意のサイン

    好意を持った女性に対して分かりやすいサインを出す男性もいますが、既婚男性は慎重ですので結構分かり辛いでしょう。ここからは50代既婚男性が気になる女性に出す好意のサインを、具体的にご紹介していきたいと思います。

    休日の予定を聞いてくる


    「割と頻繁に休みの日は何しているのか聞かれました」(27歳/女性/営業職)

    家庭を持ち、基本的に休日は家族と過ごす事が多い50代既婚男性ですが、タイミング次第では自由に動ける日もあります。そんな時、好意を持っている女性とデートできるかもしれないと考えて休日の予定を頻繁に聞いてくることがあるでしょう。

    50代既婚男性にとって自由に動ける休日はとても貴重ですので、滅多にないチャンスを無駄にしないように、好意を持った相手には短期間で何度も予定を聞いてくるでしょう。細かく予定を確認される場合は、脈がある可能性が濃厚です。

    仕事を手伝ってくれる


    「仕事で分からないことがあって困っていた時に、さりげなく手伝ってくれたことがありました」(30歳/女性/事務)

    職場で困った時に助けてくれたり、さり気なくサポートしてくれた男性に対して好意を持ってしまう女性は少なくありません。

    50代既婚男性は、好意を持っている女性に少しでも好かれたいし、良い人だと思われたいと考えています。ですので、職場でさりげなく仕事を手伝ってくれる機会が増えてきたら、それは好意を持たれている証拠です。

    50代既婚男性にとって、職場は妻の目が届かない自由に動ける場所です。気になる女性のことをつい目で追ってしまうため、女性から何も言われなくても手伝ってあげることもあります。

    差し入れが多い


    「お菓子をくれるタイミングが、私がちょうど疲れてる時だったりしていつも絶妙だったんです。いつも見てくれている証拠だと思って嬉しかったです」(25歳/女性/販売)

    仕事中、コーヒーやお菓子など簡単な差し入れを同僚達より多く貰っているとしたら、それは好意を持たれているサインかもしれません。特に、疲れて甘いものが欲しくなっているときや、一息ついて眠気を覚ましたいときなど、ちょうどいいタイミングで差し入れしてくれる場合は、好意を抱かれている可能性が非常に高いです。

    既婚男性は気になる女性をいつも目で追い気を配っているので、話しかけるタイミングで差し入れをしようとしているからです。ただし、自分だけではなく周りの人全員に差し入れをしている場合は、単に優しさからそうしているだけの可能性もあるので、その人の普段の態度や行動をチェックしてから判断しましょう。

    自慢話をしてくる


    「自分のことを話し始めたら止まらない人でした。でもたくさん苦労してきたんだなって尊敬できる所も多くて、好きになりました」(32歳/女性/秘書)

    社会経験が豊富な50代既婚男性は、好意を持った女性に自慢話をして自分をアピールしようとします。これは「好意を持っている女性が抱いている自分に対するイメージを少しでもよくしたい」という思いがあるからです。

    妻の目が届かない職場だと、どうしても自慢話っぽく捉えられてしまいますが、実はあなたへの必死のアピールかもしれません。