50代既婚男性の恋愛心理&魅力に迫る!効果的なアプローチ方法とは

  • 50代既婚男性が恋愛を求める心理とは?

    女性と比べると、男性は恋愛自体に憧れるということはあまりなさそうですが、それでもやはり「恋愛したい」という気持ちは存在します。ここからは、50代既婚男性の恋愛心理について詳しくご紹介したいと思います。

    奥さんと上手くいっていない


    50代既婚男性が家の外に恋愛を求める心理の一つに「妻と不仲で癒しを求めている」というものがあります。長年一緒にいたせいか妻との関係がすっかり冷え切ってしまい、家にいても休まる場所がない既婚男性は多いはずです。

    家族の為に一生懸命働いて帰ってきたのに家でリラックスさせてもらえず、不倫相手に自分の居場所を求めてしまう男性もいるでしょう。そして最終的に、妻との関係よりも不倫相手との関係を大切にする50代既婚男性も存在します。

    特に、妻と仲が悪く家に居場所がない既婚男性に多く見られます。このようなタイプの既婚男性は、体の関係というよりは、不倫相手に心のつながりや癒しを求めているパターンが多いです。

    恋愛で若さを取り戻したい


    歳を重ねると、恋愛しているときに感じるときめきや胸のドキドキを忘れてしまいます。若いときには誰しも女性の気を惹く方法や、どうすれば喜んでくれるかなどを考え恋愛を楽しんだはずです。しかし結婚を機にそういった気持ちも忘れてしまったという男性は少なくありません。

    ですので50代既婚男性が不倫をするとき、そういった昔に忘れて来た恋愛の楽しさを取り戻そうとしているケースがあります。例え不倫だとしても、若い頃のように男女の恋愛の楽しさを思い出し、ハマっていく50代既婚男性は多いです。しかも様々なリスクを伴う不倫だからこそ、既婚男性はより一層恋愛に高揚感を覚えてしまいます。

    単に遊びたいだけ


    50代既婚男性の恋愛心理のひとつに「とにかく体の関係をキープしたい」というものがあります。このタイプの既婚男性は恋愛がしたいというよりも、性行為がしたいだけということになります。

    妻だけでは物足りず、家庭の外で体を許してくれる女性をいつも探していますので、関係を持つのは比較的簡単だと言えます。

    男としての威厳を取り戻したい


    結婚して家庭を持った50代既婚男性は、女性との関わりが自然と少なくなっていきます。妻にも男として見られることは少なくなっていき、男性としての威厳は失われていく傾向があります。そんな時女性に好意を持たれたら、男として見てくれた事に喜びを覚え、その女性に惹かれてしまいます。

    自己顕示欲が強い男性はたくさんいるので、多くの女性を惹きつけたいと思うのは、そのタイプの男性特有の本能的な心理なのかもしれません。その為にも男性としての威厳は大切なのです。このように50代既婚男性が不倫をするとき、男としての威厳を取り戻したいという気持ちが働くことがあります。

    ストレスを解消したい


    社会人として働いていれば、仕事でストレスを感じている50代既婚男性も多いでしょう。そんなストレスを抱え家に帰っても、家族との関係が上手くいっていないと余計にストレスが溜まってしまいます。

    このように、本来なら心を休めるストレス解消の場所であるはずの家庭に居場所が無いと、既婚男性は癒される場所を外に求めてしまいます。最も不倫関係に陥りやすいのは、そんな50代既婚男性のストレスが限界に達した時です。その場合、女性には性欲よりも心の温かさや癒しを求めていると言えるでしょう。