「怒らない人」の心理&特徴とは?怒らない人になるための方法も伝授

すぐ怒る人、なかなか怒らない人がいますが、この違いは一体何なのでしょうか。この記事では、怒らない人の特徴や心理、怒らない人の印象などに迫っていきます。怒らない人になるための方法もあわせて紹介しますので、感情を上手くコントロールできるようになりたい人は、チェックしていきましょう。

  • 「怒らない人」ってどんな人?

    すぐ怒るタイプの人といると、周囲はとても疲れてしまいます。「また怒られるかもしれない」という恐怖に苛まれ、ノイローゼになってしまう人もいるでしょう。逆に、怒らない人はどうでしょうか。とりあえず怒られる心配はあまりないと言えますが、怒らない人は本当に怒っていないのでしょうか。

    本記事では、怒らない人の心理や周囲の印象、怒らない人になるための方法や、怒らない人を怒らせかねないNG行為について掘り下げていきます。怒らない人との上手い付き合い方や、怒らない人になるための努力についても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

    楽観的な性格の人


    物事を悲観的に考える癖がついていると、些細なことでイライラしたり、焦ったりしてしまうものです。イライラしても意味がないと分かっているのに、「何で自分ばかり!」とつい怒ってしまう。そんな人も多いのではないでしょうか?

    楽観的な性格であれば、どんなアンラッキーなことが起こっても「何とかなる」「そのうち良くなる」と考えられるようになります。そのため、悲観的な人に比べて情緒不安定になりにくく、小さなことでは怒らないのです。

    感情のコントロールが上手い


    どんな善良な人でも、やはり怒りが湧く時もあれば、イライラする時もあります。すぐに感情をむき出しにする人もいますが、感情のコントロール方法を身につけている人はなかなか怒りません。

    感情をコントロールできれば、自分自身のストレスも一気に減ります。怒りは6秒程度我慢することでおさまると言われていますので、怒りが湧く出来事があったら、その場を離れるなどの工夫をしてみましょう。

    無関心ゆえに怒らない人も


    人は、関心のあるものや出来事に対して感情をあらわにします。逆に無関心なものに対しては、何が起こっても怒ることはありません。

    例えば、同じ事務員として勤めていて、書類の処理の仕方が自分とは違う場合、相手に「私と同じようにして!」と要求してしまうことがあります。また、家庭でも洗濯物の干し方が自分とは違う場合「こうじゃないって前に言ったはず!」と文句を言ってしまうこともあります。このように「自分の領域」を侵されたことにより、人は不機嫌になってしまうのです。

    しかし、これが自分の担当の仕事ではなかったり、どうでも良いと思える領域であれば人は怒らないのです。無関心な領域が広い人ほど、怒らないということなのでしょう。

    心の余裕があるから怒らない


    心に余裕がないと少しのことで動揺したり取り乱したりしてしまうものです。心に余裕があると、相手の気持ちを理解しようと考えられるため、短絡的に怒ることがありません。

    仕事で上手くいかない日があっても、「温かい家庭が待っていてくれる」「信頼できる友人が悩みを聞いてくれる」と思うと頑張れることってありませんか?意見をされたり批判されても、受け入れる余裕があるなら怒る必要はありません。生活のどこかに心のよりどころを見つけ、周囲を理解する余裕を持つようにしましょう。