何も楽しくないと感じる原因10選!人生がつまらない時の対処法とは

  • 何をしても楽しくないときの対処法《行動編》

    何をしても楽しくないのは、思い切った行動を試してみることで、解消できる可能性があります。生活に大きな変化を取り入れたり、ポジティブ思考につながっていく行動を実践し、「楽しい」と思える毎日を目指しましょう。

    旅行に出かける


    見慣れた風景やいつもの人たちから離れて新しい環境で過ごすと、心がリフレッシュし、ストレス解消に役立ちます。初めての土地を見て回ることが刺激となり、楽しいと思える感情が復活するのです。

    旅行先では、のびのび過ごすのもいいですし、美味しいものをたくさん食べるのもいいでしょう。心と体が元気になる体験をたくさんしてください。

    そうして旅行から帰ってきたあとは、大きな満足感を感じているでしょう。その「満足感」が、何をしても楽しくない状況から脱出するきっかけになるのです。

    お笑いライブに行ってみる


    お笑いを見て「笑う」ことは楽しい気持ちにさせてくれます。「最近笑ってないな」というときにお笑いライブで思い切り笑ってみましょう。

    実は、笑うのは副交感神経を活発にし、自律神経を整える効果があると言われているんです。自律神経の乱れは、何をしても楽しくないと思う原因につながることがあるので、笑って自律神経を整えるのは、かなり重要なポイントと言えます。

    爆笑しなくても、クスッと笑う程度でも十分な効果がありますので、ぜひお笑いライブに行ってみてはいかがでしょう。

    思い切って転職する


    今まで安定していた環境や職場を捨てて新しい環境に飛び込むのは、かなり勇気がいることです。しかし、思い切って新しい仕事についてみることは、大きな変化になります。

    毎日が平凡で刺激のない日々を過ごしているせいで、何をしても楽しくないと感じていた人にはかなり新鮮で刺激的。その大きな変化が、楽しいと思えるでしょう。

    人のためになることをする


    困っている人を助ける、お手伝いをするなど、人のためになることをしてみてください。人のためになることをすると喜んでもらえますよね。自分の行いが褒められたり、認められることで自信に繋がります。

    自信につながると、だんだんポジティブな気持ちになってくるので、何をしても楽しくない気分を抜け出すきっかけになるのです。

    SNS断ちをする


    SNSを見て、他人と自分を比べてしまいがちな人は、思い切ってSNSを退会してしまいましょう。他人の充実した生活が見えるSNSは、何をしても楽しいと思えない人にとっては目に毒です。

    楽しい人生のきっかけや目標を探すと決めたら、SNSをやめて自分と向き合いましょう。楽しい生活を目指す行動や工夫だけを考えてみてください。