何も楽しくないと感じる原因10選!人生がつまらない時の対処法とは

  • 何をしても楽しくないときの対処法《生活編》

    「何をしても楽しくないな…」と、悩んでいる方は、素直に楽しいと思えるようになるために、色々な対処法を試してみましょう。これからご紹介することは、生活の中でできる対処法です。今日からでも、明日からでもできることですので、ぜひ試してみてください。

    親しい友人に愚痴を話す


    愚痴を吐き出すことで心がスッキリし、ストレスが解消されます。「愚痴っぽくなるのは良くない」と思っている方もいますが、愚痴を吐き出すことは心にはとても良いことなんです。

    では、「愚痴を誰に話すのがベストか」というと、親しい友人がいいでしょう。あまり仲良くない人に愚痴を吐くのは、なんだか悪い気がして心ゆくまで話せないですよね。

    ですから、気兼ねなく話せる親しい友人に愚痴を聞いてもらうのがベストなのです。逆に、友人が愚痴を話したいというときには、親身になって聞いてあげましょう。お互い様ですからね。

    早寝早起きを心がける


    始めのうちは体が慣れるまで大変かもしれませんが、早寝早起きを心がけましょう。早寝早起きをすることで、体のリズムが整い心や体が健康的になります。何かを楽しむ感性を取り戻すには、心や体の健康が大事なのです。

    早寝早起きの習慣をつける方法としては、夜は寝る前になるべくスマートフォンやパソコンにふれる時間を短くし、早めの消灯を。朝は、起きたらカーテンを開けて朝日を全身に浴びると、体のリズムが整うと言われています。

    運動習慣をつける


    運動はストレス解消や筋肉を付けるなどの効果で、体も心も健康にしてくれます。学生のころは、何をしても楽しかった思い出がありませんか?大人になると、運動する機会が減ってしまうので、何をしても楽しくないと思うようになることがあるんです。

    学生なみにたくさん運動するのは難しくても、ウォーキングや簡単な筋トレはできますよね。ぜひ、適度な運動でストレス解消と健康を目指してみてください。

    好きなことを見つける


    心の疲れが取れるような好きなことを一つだけでもいいので見つけてみてはいかがでしょう。好きなことをするのは、心の癒やしに必要なこと。心が疲れていると、感性が鈍ってしまい、何をしても楽しくないと思う原因になってしまいます。

    「好きなこと」は、たとえば「面白いマンガを見つける」「好きな音楽を探す」「ゲームをする」「植物を育ててみる」など、家でも簡単にできることで十分です。