「普通のセックス」って何?基本的な流れ&マンネリ化を防ぐコツとは

  • 「普通のセックス」基本的な流れとは?《挿入編》

    「普通のセックス」では、前戯を10分〜20分程度すると、いよいよ挿入となるのが一般的な流れ。次は、挿入をしてからの流れについて解説していきます!

    ペニスの挿入


    手マンをしたり、クンニやフェラを終えて、気持ちがMAXになるくらいまで盛り上がってきたら、いよいよペニスの挿入となります。最初はやはり正常位で始めるのが一般的な流れ。セックスがキスで始まりキスで終わるのと一緒で、挿入も正常位で始まって正常位で終わるのが「普通のセックス」と言えます。

    挿入されている間も、胸への愛撫があったり、キスをしたりすることも大切です。きちんと触れ合うことを大切にしましょう。

    体位を色々変えてみる


    基本的に、1回のセックスでほとんどのカップルが、体位を3回は変えています。まずは正常位から始まり、騎乗位、バック、そしてフィニッシュには正常位に戻る流れが一番ポピュラーです。少しアブノーマルなセックスになってくると、ここで対面座位を交えてみたり、駅弁と言われる体位を取り入れてみたりと様々です。

    体位を変えないままだと、マンネリ化してしまうので、なるべく色々な体位にチャレンジするのがおすすめ。でも「普通のセックス」では正常位と騎乗位とバックの3つを意識しておくだけでもOKです。

    「普通のセックス」のフィニッシュ


    「普通のセックス」でフィニッシュする時には、正常位であることがほとんどです。正常位の方が、彼としっかりハグやキスを交わしながらできるので、愛情を確認し合えることにもなります。「普通のセックス」は、顔射や中出しをすることはない!ということも重要。そして、一般的に、男性は「イっていい?」などと確認をすることが殆どです。

    その時は最高潮に盛り上がるように、こちらも感情を表に出すのがいいでしょう。フィニッシュの後は、しっかりイチャイチャタイムを設けるのが「普通のセックス」です。一緒にシャワーを浴びるのもおすすめですよ。
  • 「普通のセックス」場所や頻度は?

    「普通のセックス」はどこでするの?頻度はどれくらいが平均的なの?という疑問を持っている人も多いことでしょう。特にセックスの頻度に関しては、誰かに聞くに聞けないものですよね。ここからは、「普通のセックス」の場所や頻度について解説していきます。

    家またはラブホテル


    「普通のセックス」は、どちらかの家か、ラブホテルで行うが多いです。どちらかが一人暮らしであれば、家でするのが自然ですし、同棲している場合もやはり家でのセックスが多いもの。ラブホテルに行くということは、セックスをする!ということをお互い意識するので、セックスまでの流れも作りやすいでしょう。

    家だと、シーツを汚してしまうのではないか、隣の部屋に声などが聞こえてしまうのではないかなどと色々と気になってしまって、セックスに集中できないこともありますよね。そんな時は、ラブホテルに行くことをおすすめします。

    ホテルや旅館で


    ラブホテルだけではなくて、旅館やホテルでセックスするのもおすすめ。ちょっと特別感も出るので、ムードのあるセックスができるでしょう。せっかくホテルに泊まるのであれば、旅行がてら、おしゃれなホテルを選んでみたり、人気の旅館に泊まるのも、更にムードが生まれます。週末に近場に旅行へ行くだけで、思い出にもなります。

    「普通のセックス」をワンランクアップさせたい時におすすめです。

    頻度は週1程度


    セックスの頻度は、カップルごとに差があるものですが、週に1回程度が一般的。もしくは、もう少し間隔をあけて、月に1回程度というカップルもいます。頻度に関しては、付き合いたてのカップルと、付き合って暫く経ったカップルとでは、多少なりとも差があるでしょう。

    自分が今のセックスの頻度で少ないと感じているのであれば、もう少し積極的に彼を誘ってみるなど、工夫をして頻度を増やす対策が必要です。

    2週間に1回程度も理想的


    週に1回が一般的だと言われていますが、2週間に1回程度も理想的と言われています。毎週セックスをするのはとても良いことですが、マンネリ化してしまうこともあるでしょう。そして毎週セックスとなると、どうしても女性は生理などで体調が悪いという週があるでしょうから、それを避けるとなると2週間に1回がベスト。

    お互いのペースをきちんと理解し合って、無理のないようにすることが重要です。