「普通のセックス」って何?基本的な流れ&マンネリ化を防ぐコツとは

  • 「普通のセックス」基本的な流れとは?《前戯編》

    まずは、「普通のセックス」の基本的な流れを紹介します。もしかすると、あなたが思っているいつものセックスの流れは、「普通」ではないかも…。まずは、オーソドックスなセックスについて紹介しますので、自分のセックスの流れと比較してみることから始めてみましょう。新たな発見があるかもしれません。まずは、普通のセックスの「前戯」の流れを紹介します!

    スキンシップから始める


    まずは、イチャイチャする時に、身体が触れ合うようにボディタッチをする流れからセックスが始まるパターンが多いです。2人きりになった時に、いつもより多くボディタッチされたら、それはエッチをする合図のひとつであると、捉えられます。

    こちらから流れを作るためには、肩によりかかってみたり、ハグをするだけで流れを作ることができます。やはり、彼女に甘えられることは男性としても嬉しいもの。最初のスキンシップの時からたくさん甘えて、自分のペースに彼を巻き込んでいきましょう。

    キスをする


    セックスする時は、まずはお互いの気持ちを探り合うようにキスをしましょう。軽いフレンチキスから始まって、少しずつディープキスになっていくことで、エッチな気分にスイッチが入ります。最初は冗談のようにじゃれ合うようなキスでも、それがどんどん激しくなっていくことで、いいムードに。

    この時男性が、女性がキスに対して積極的であるかどうかを試しているということも考えられます。積極的であれば、そのままセックスへと流れを作り始めてくるでしょう。そして、セックスが終わった後は、キスで終わる。これが理想的な流れです。

    服を脱ぐor脱がす


    キスが盛り上がってくると、ほとんどの男性が胸に軽く触れてきたり、太ももなどを触ってくる流れになります。そして、そこから服を脱ぐ流れに入るのが一般的。自分から脱ぐというのも、時には大胆でいいのですが、彼に脱がせてもらうことが一番自然な流れです。

    この時、一気に脱がされてしまうよりも、少しずつ恥じらいながら脱がせてもらうのがベスト。服を1枚1枚脱ぐ度に、キスをしてみたり、見つめあってみたり…というように一息おくことで男性の興奮度も上がっていくことでしょう。

    胸を愛撫する


    服を脱いだ後は、胸を愛撫する流れに入るのが「普通のセックス」。胸への愛撫がないセックスは、どちらかというとアブノーマルということになります。胸を触られてから、少し喘ぎ声を出すことで、男性は本格的に興奮していくもの。ここでも、キスしてみたり、目を見つめてみたりすることで、さらに興奮度もアップします。

    手マンをする


    胸への愛撫の次には、手マンをする流れに変わってきます。胸を触っている手が太ももにおりてきた時は、手マンをされる流れ。この時、ソファーや椅子に座ったままの状態であれば、一旦手マンの流れを止めてベッドに移動するタイミングです。

    もしくはソファーでそのまま挿入までいってしまうパターンもあります。手マンをされた後は、クンニやフェラをするカップルも多いですが、「普通のセックス」では手マンをした後はベッドに移動して挿入という流れが一般的。