おデブでも可愛い!とにかくモテる「ぽっちゃり女性」の特徴とは?

おデブな人にはただのおデブと可愛いおデブがいますよね。なぜ同じような体型をしているのに可愛いか否かが分かれるのでしょうか。この記事では、その違いについてご紹介します。魅力的なおデブになるための方法も必見です。おデブでも可愛い芸能人も参考にしてみて下さい。

  • 可愛いおデブとただのデブ…何が違うの!?

    一口におデブといっても、愛嬌があって可愛いおデブもいれば、ただ太ってるだけのおデブもいます。同じおデブなのに、なぜ「可愛い・可愛くない」に分かれるのでしょうか?

    もし自分がおデブだったり、将来おデブになってしまう事があれば「可愛いおデブの部類」に入りたいものですよね。

    そこで今回の記事では、その違いについてリサーチした結果をご紹介します。

    可愛いおデブは根が明るい


    おデブな人が可愛いか、可愛くないか分かれるひとつのポイントは、根が明るいか否かの違いです。体型にコンプレックスを持ち、卑屈になって暗い人も中にはたくさんいますよね。

    しかし、根の明るいおデブは、太っているからという理由で暗い気持ちになることは、ほとんどありません。「マスコットキャラクター」のような可愛さがあり、周りの人たちに元気と癒やしを与えてくれます。

    また、明るさは人を集める能力にも影響します。暗いおデブは、周囲の人気を集めるのは難しいもの。しかし根が明るいおデブなら、愛されキャラとして人気になり、たくさんの人に囲まれるでしょう。明るいおデブは、人を集める能力が高いことも、ただのおデブとの違いです。

    可愛いおデブは見た目にも気を使っている


    おデブな人は、体を締め付けない楽な服装を好む傾向にあります。つまり、オシャレよりも体が楽なことを重視するため、無頓着なファッションになりがちなのです。「楽だから」と、伸び切った服をいつまでも着ていることもあるでしょう。

    逆に、可愛いおデブは体の楽よりもオシャレを好みます。オシャレに余念がないおデブは、いつでも清潔感あるピカピカの服を着て、行動のひとつひとつが綺麗で周りに不快感を与えません。

    可愛いおデブは、「不快なデブに見られないようにしよう」という思いを根底に持っているもの。つまり、可愛いおデブとただのおデブは、自分を美しく見せることができるかというところに違いが出てくるのでしょう。

    可愛いおデブはスキンケアも完璧


    可愛いおデブは、肌の手入れも入念に行っています。ただのおデブは、最低限のスキンケアしかしませんが、可愛いおデブはさまざまな基礎化粧品を使って、美肌維持にも努力をしている方が多いです。

    手入れの行き届いたもちもちピカピカの美肌は、清潔感を感じられますし、おデブだからといって美容を諦めていないところが、「可愛いおデブ」と評価されますよね。ただのおデブと可愛いおデブの分かれ道は、スキンケアへの意識の違いもあるのかもしれません。