一晩でセックス何回してる?男女のリアルな「セックス回数」を調査!

  • 年代別に見るセックスの回数と頻度とは?

    一晩で何回するかは、年代によって大きな差があるもの。やはり年齢と共に減少していくことが多いでしょう。今回は、年代によってどのくらい差があるのかを調べてみました。

    では、「結婚している人」「交際相手がいる人」「セックスをする相手がいる人」に関するデータをご紹介します。

    10代の場合


    まずは、若々しい10代のデータから見ていきます。ズバリ、10代のセックス回数は、少ない場合で一晩に3回、驚くことに平均4〜5回という結果となりました。10代は性欲が高まっている時期でもあるので、この頃の男性には、とにかく一晩で何回もできてしまうような勢いがあります。多い人は一晩で7回なんてケースも。

    ですが、女性と男性では考え方にギャップが生まれることもあります。10代の女性からすると、「どうして私の彼は、こんなに何回もセックスしようとするの?」と不安に感じてしまうかもしれません。あまりに回数が多くて、「ヤリモクなのでは?」と思ってしまう時もあるでしょう。ですが、10代はそれだけ性欲が高まっている時期なので、心配する必要はありません。

    20代の場合


    20代になると、一晩でするセックスの回数は2〜3回程度となります。20代後半になってくると、平均で2回。やはり少しずつ減っていくことがわかります。性欲が減るというより、20代後半になると「大人なセックス」をすることが多くなるもの。何回もセックスするよりも、1回1回のセックスを大切にするカップルが増えてくるのです。

    20代はまだまだ体力的にも力が有り余っている時期なので、この年代でも10代と同じように、1日に5回も6回も…というタイプの人もいます!

    30代の場合


    30代の場合は、一晩につき1回が平均的。やはり、回数よりも質を求めるようになってくることが関係しているのかもしれません。そして体力的にも30代は、20代の頃に比べると衰えを感じてくる年齢でもあります。働き盛りの時期なので、セックスよりも仕事にのめり込む男性が多くなってくるのも、30代ならではのことでしょう。

    30代になると、結婚するカップルも増えてくるので、子供が生まれることによって、セックスの回数は自然と減ってしまうものです。

    40代の場合


    40代のセックス回数は、30代と同じように一晩につき1回。40代になると個人差が大きくなります。40代になっても性欲が衰えることなく、30代の頃とずっと変わらない人もいます。そのような人は、20代と同じように1日に数回することも。30代は育児に追われて性欲がなくなっていたものの、40代に入って落ち着いたことで、再度目覚める場合もあるのでしょう。

    50代の場合


    50代にもなると、1回もできなかった…ということもよくあります。やはり年齢と共にそうなってしまうのは仕方のないことでしょう。ですが、この年代になると、セックスの楽しみ方を知っている人も多く、大人のおもちゃを使ってみたりと、挿入する以外の方法を試す人も沢山います。

    もちろん、50代でもまだまだ現役!という人もいるでしょう。これだけは、人によって大きく差があることです。