アヒル座りができないのはなぜ?アヒル座りの意外なデメリットも解説

  • アヒル座りで歪んだ骨盤の矯正方法《その他》

    他にもアヒル座りで歪んでしまった骨盤の矯正方法があります。姿勢を意識して直すことも大切ですが、いろいろと矯正方法を紹介していくので、自分に合う矯正方法を見つけてみてください。

    骨盤周りの筋肉を鍛える


    まず、骨盤周りの筋肉を鍛えて、座ったときに骨盤をしっかり立てて座るようにしましょう。骨盤周りの筋肉を鍛える方法はいろいろありますが、簡単なやり方を一つ紹介しておきます。

    まずは立って、アキレス腱を伸ばすように片足を後ろにひき、もう片方の足を前に踏み出して膝を曲げましょう。この時、アキレス腱を伸ばすことに集中せず、垂直に曲げた膝の上に体重を乗せるようにします。

    筋肉が伸びているのを感じながら、5秒ホールド。これを片脚5回ずつ毎日やると、短時間で簡単に鍛えることができます。負荷を感じながら試してみてくださいね。

    左右平行に仰向けで寝る


    骨盤の歪みは、寝ているときにさらにひどくなることがあるので、寝るときの体勢にも気を付けてみてください。横向けに寝たり、仰向けに寝ると、体が歪みやすくなります。おすすめは真っすぐ仰向けに寝ること。

    この時、左右のバランスが偏らないように、寝転がりましょう。そして、高すぎる枕は、睡眠中、寝返りの妨げになりますから、寝返りのしやすい高さのものに変えるとよいですね。

    骨盤矯正ベルトを使う


    骨盤の歪みは筋肉を鍛えることが一番なのですが、忙しいと1日5分の体操も面倒くさい…となってしまいますよね。そんな人には「骨盤矯正ベルト」を使うのがおすすめです。

    変に開いてしまった骨盤を、キュっと引き締め、バランスを整えてくれるので、知らないうちに骨盤が正しい位置に矯正されます。つけるだけなので、無精な人や時間がない人には、うってつけの矯正方法です。

    椅子に座って足踏み


    仕事をしているときでも、簡単にできる骨盤矯正方法があるので、紹介します。まず、椅子に浅く腰掛け、膝が垂直に曲がる状態で座ってください。その状態で、軽く足踏みをするだけでOKです!

    この簡単な運動だけで、骨盤の矯正になりますから、ぜひ隙間時間にやってみましょう。またアヒル座りからくる骨盤矯正だけでなく、デスクワークで下半身が浮腫みがちな人も、血流が良くなり、脚がスッキリするのでおすすめです。

    椅子に座ってストレッチ


    骨盤のゆがみの矯正にも、ストレスがたまったときの気分転換にもおすすめなのが、椅子に座っておこなうストレッチです。簡単にどこでもできるので、覚えておくと便利ですよ。

    まず椅子に浅く座って、両腕を高く上げます。両腕をあげたら、片方の手でもう片方の腕の肘を持ち、ゆっくりと横に体を倒しましょう。この時ゆっくりと倒し、脇から横腹にかけての筋肉をしっかりとストレッチするのがポイントです。同じように反対側もしっかり伸ばしましょう。

    1日5セットずつ行うと、体の血流もよくなり、凝りもほぐれ、骨盤矯正の効果もあらわれるので、歪みが気になる人は続けてみることをおすすめします。

    骨盤矯正ヨガ


    骨盤矯正にしっかり取り組みたい人は、骨盤ヨガ教室を試してみるとよいでしょう。骨盤ヨガとは、ヨガの中でも骨盤矯正を目的としたものですから、骨盤矯正に効くポーズを主に指導してもらえます。

    腰回りのストレッチを中心としたヨガなのですが、骨盤周りの筋肉をしっかりのばすと、美容やダイエット効果があがるそうです。自宅でもできますが、自分流になってしまうと効果が薄れてしまうので、一度骨盤ヨガ教室に通い、ある程度習得してから、自宅で行うようにするのがおすすめです。