アヒル座りができないのはなぜ?アヒル座りの意外なデメリットも解説

  • アヒル座りが出来ない人の特徴は?

    アヒル座りは、誰もがやってできるものではありません。女性に多い座り方なので「女の子座り」ともいわれますが、かといって女の子なら全員、アヒル座りができるわけでもありません。

    ではアヒル座りができる人と、できない人の違いはなんなのでしょうか?アヒル座りができない人の特徴をみていきましょう。

    股関節の固い男性


    アヒル座りができないのは男性が多いといいます。男性は女性に比べて股関節が固いので、アヒル座りが苦手なのだとか。一般的に股関節だけじゃなくて、男性の方が体が全体的に固い傾向にあるため女性よりアヒル座りが苦手とされています。

    また、股関節の形が男女で違うので、女性の方がアヒル座りに向いているという、骨格的な理由もあります。股関節の外側に脚を広げて座るアヒル座りは、股関節が固いと痛みが伴うため、できないそうです。

    ただ、幼稚園や保育園で教室の様子を見てみると、女の子にまじって男の子も、普通にアヒル座りをしていますよね。これはまだ子供で体が柔らかいという理由、そしてお尻をペタンとつけて、脚を両脇に広げるため体が安定しやすいという理由が考えられます。

    体がかたい女性


    女性の中でも体が固い人は、アヒル座りができないようです。女性でも股関節が固い人はいますし、日ごろアヒル座りに慣れていなかったり、股関節のストレッチをしていなかったりすると、当然ですが股関節は固くなります。

    股関節が固くなると、お尻をつけてぺたんと座る時に、脚が両脇に開きません。また、無理に広げようとすると痛みを感じてしまいます。股関節の形でいうと、女性の方がアヒル座りに向いているとはいえ、やはり体が固いとアヒル座りはできないのです。

    痛みが気になる人


    痛みが気になる人も、アヒル座りができません。ここでいう「痛み」とは股関節が固いために感じる痛みのことではなく、固い床に脚やお尻がつくことで伴う痛みのことです。

    アヒル座りは脚、お尻、ともに床にペタンとくっつきますよね。だからペタンコ座りとも呼ばれるのですが、すると床との接着面が多いため、足・内側のくるぶし・膝・お尻などが痛くなるのです。

    アヒル座りに慣れていない人は、骨に直接感じる床の堅さが気になってしまい、アヒル座りが苦手、もしくはできないと思ってしまうのです。

    胡坐が好きな人


    胡坐座りが好きな人も、アヒル座りが苦手です。胡坐の座り方とアヒル座りでは、脚の開き方がまったく異なるため、胡坐に慣れていると、アヒル座りに違和感を感じてしまうのです。アヒル座りでは股関節を内側に回しますが、胡坐では股関節を外側に回します。慣れていない動きをして、違和感や痛みを感じてしまうのも無理はありませんね。

    逆にアヒル座りに慣れている人が胡坐をかこうとすると、股関節に痛みや違和感を感じ、座り方が安定しません。

    床に座る文化の無い外国人


    日本人なら誰でもアヒル座りを見たことがあるでしょうが、欧米人には「アヒル座り」の文化がありません。欧米の映画やドラマをみても、ベッドに座っているときなんかはたいてい女性でも胡坐をかいていますよね?

    そもそも床に座る文化のない外国人は、アヒル座りをしないようです。そのため、床に座る文化のない外国人に「アヒル座り」をしてもらおうとしても、うまく股関節を動かすことができず、座れないという結果になるのです。

    元々「正座」の文化がある日本だと、そのまま脚を外側に開けばアヒル座りになりますが、正座もしない外国人にとって、アヒル座りは未知な座り方だといえるでしょう。