ピンキーリングは左右で意味が違う!指輪をつける指ごとに意味を解説

  • ピンキーリングを恋人にあげるのはアリ?

    ピンキーリングの多くは華奢でかわいらしいデザインのものが多いですよね。イメージ的に女性だけが楽しむものだと思われていますが、恋人がいる人はお揃いでつけたり、恋人の運気UPに役立てたいと思う女性もいます。恋人にピンキーリングをあげるのはアリなのでしょうか?

    恋人にピンキーリングをあげたいと思っている女性は、男性目線からも見てアリかナシか判断していく必要があります。

    男性はあまり付けてくれないかも


    小指に華奢な指輪といえば、女性らしさの象徴と感じる男性もいますし、もともとアクセサリーが苦手な男性もいます。なのでピンキーリングの意味を説明して、お揃いでつけたい気持ちを伝えて、嫌がられたら無理強いはしない方がいいでしょう。

    あまりしつこくすると、嫌がられて恋愛どころではなくなる可能性もあります。おまじないの一環だとしても、それだけに頼った主張は人の気分を害することもありますので、自分がよかれと思っても、まずは男性の意思を尊重してあげましょう。

    付けてくれるならお揃いもアリ


    恋人とお揃いでリングをつけたい女性の心理の根底にあるのは、「同じ気持ちを共有したい」という気持ちです。恋人と同じものを身につけ、同じ気持ちを共有することで愛を確かめ安心する女性は多くいます。もしも、男性がピンキーリングをつけてくれるなら、お揃いにしてみるのもいいですね。

    他の指と違って、小指のピンキーリングを受け入れてくれる男性ですから、女性の気持ちを汲める人なのでしょう。二人の想いを強め、絆を深めるためにもお揃いのピンキーリングは効果的といえます。