ピンキーリングは左右で意味が違う!指輪をつける指ごとに意味を解説

  • ピンキーリング以外も!指輪をつける指ごとの意味

    手には10本の指があります。今回ご紹介しているのは、小指につけるピンキーリングですが、他の指にもそれぞれきちんとした意味があるのです。

    その意味は左右の手によっても変わっていきます。そこで、ここでは指輪をつける指ごとの意味を、左右それぞれご紹介していきますので、ぜひ参考になさってください。

    親指


    親指につけるリングは、『サムリング』と呼ばれ、目標や夢を持つ人がつけるといいとされる指です。

    右手の親指には、威厳を高め、人々に勇気をもたらすという意味があります。チームリーダーなどの指導者となり、まわりを引っ張っていく力をもたらしてくれます。また、指導者としての成長のためにも最適な指でしょう。

    左手の親指には、夢や目標を叶えるという意味があります。大きな壁が立ちはだかっている人や、大きな夢や目標を持っている人に最適でしょう。信念を貫き、難関に立ち向かう勇気をサポートしてくれます。

    人差し指


    人差し指につけるリングは、『インデックスリング』と呼ばれ、行動力や自立心を象徴する指と言われています。

    右手の人差し指には、何か達成したい目標を持っていたり、指導者の立場になった人をサポートしてくれます。現実を導く指なので、集中力を高め、よりよい判断ができるように力を貸してくれるでしょう。

    左手の人差し指には、消極的な人や、なかなか踏み切ることが出来ない人に勇気を与えてくれる力があります。精神力を高めて、進むべき方向の道しるべを示してくれるようになります。

    中指


    中指につけるリングは、『ミドルフィンガーリング』と呼ばれ、直感やひらめきを象徴している指です。物事に対するインスピレーションを高める力があります。

    右手の中指には、直感を信じて、自信を持って行動したい人に意志を強く持つ力をくれるでしょう。素早い判断・行動ができるようになり、自信を持って動きたい人にはオススメな指です。また、霊感も働くと言われていて、邪気から身を守ってくれます。

    左手の中指には、協調性を高めて人間関係を改善する力があります。判断力をよくしますので、空気が読めないと言われている人が、中指にリングをつけるのもいいですね。

    薬指


    薬指につけるリングは、『アニバーサリーリング』と呼ばれ、創造性の象徴です。また、左手の薬指は心臓に直接つながっているともされ、神への誓いを立てる神聖な領域です。愛を誓うエンゲージリングも、多くが左手の薬指でしょう。

    右手の薬指は、創造性を刺激して心の安定をもたらしてくれます。インスピレーションを大切にしてリラックスさせてくれるのです。また、恋を叶えるおまじないをかけることもあるようです。

    左手の薬指は、愛や絆を深め、願いを叶える効果をもたらしてくれます。そのため恋をしている人は、寝ている間だけでもつけておくといいでしょう。好きな人に向ける愛も育ち、自分自身への愛も感じることができるようになります。