ピンキーリングは左右で意味が違う!指輪をつける指ごとに意味を解説

  • 左手にはめるピンキーリングの意味

    左手にはめるピンキーリングには、どのような意味があるのでしょうか。右手のピンキーリングの項で触れたとおり、『右手の小指から幸せが入り、左手の小指から幸せが逃げていく』という意味を小指は持っています。だからこそ、左手の小指にピンキーリングをつけることは、幸せを逃がさないという意味をもちます。

    左手にはめるピンキーリングは、他にどのような意味を持つのでしょうか。

    チャンスをつかむ


    左手の小指は、変化とチャンスの象徴です。左手にピンキーリングをつけることで、これまで気付かずに見過ごしていたチャンスに気付き、そのチャンスを掴むことができるでしょう。チャンスを掴むことが出来れば、自分の力を存分に発揮することもできます。

    思うように自分の力を発揮できていない気がするといったジレンマを抱えている女性なら、左手の小指にピンキーリングをつけることで効果が期待できます。チャンスを逃さないようにアンテナを張る意欲が湧くでしょう。

    現状打破をしたい


    左手の小指は幸せを逃がしてしまうと言われていますので、仕事や生活面において、現状に満足していないのであれば、現状打破するために左手の小指にピンキーリングをつけるといいでしょう。変化の象徴でもある左手の小指が、効果をもたらしてくれます。本来の自分の力を発揮できますし、自分に自信を持つことだってできるのです。

    小指にピンキーリングをつけて、幸せを逃がさないようにして、自分に自信を持つことで不満に思っている現状を切り拓いていくことができるでしょう。

    幸せを逃がしたくない


    現状に幸せを感じていて、その幸せを逃したくない人は、左手の小指にピンキーリングをつけるといいでしょう。左手の小指から逃げていく幸せを、ピンキーリングで閉じ込めるのです。幸せ過ぎて、その幸せを失うことを恐れている人にピッタリです。

    左手の小指は、変化を象徴しているので、左手の小指にピンキーリングをつけたら幸せが変化していくのでは?と気にする人もいるかもしれません。ですが具現化した願いとは少し違うので、「幸せを逃がしたくない」という願いが、左手にピンキーリングをつけることで守られます。