彼氏との話題がない…!【カップル必見】盛り上がる会話のネタ11選

  • 電話・LINEも話題がない!おすすめの話題3選

    カップルが会話をするのは、直接会って話すときだけではありません。電話やメール、SNSなどでも会話する機会があります。しかしそこでも会話が苦手というカップルに、おすすめの話題をいくつかご紹介していきます。

    お互いの一日の報告


    メールやラインで会話をするのに一番無難な内容は、今日あったことをお互い報告するというものです。それでもメールが一行で終わってしまうという彼氏もいますよね?

    そういった彼氏には、「〇〇はどうだった?」のように疑問形で話を聞きだしてあげると会話が広がっていきます。ただしメールであれこれ語るのが苦手な彼氏もいるので、長文メールや長すぎるラリーはほどほどにしておくことも大切です。

    次のデートについて話す


    メールやライン、電話などでは、次のデートについて話すことも多いでしょう。「次のデートどうする?」という話題を投げることで、予定を立てたり、行きたい場所を決めたりといった会話を続けることができます。

    話題に困るときは、今後の予定決めは会話を続ける方法として有効です。次のデートで行く場所ではなくても、行きたい場所について伝えたり、興味があるイベントについて伝えることで彼氏も彼女の好みを把握しやすくなります。

    話題がないときは今見ているテレビの話


    何の話題もないときは、今見ているテレビの内容についての感想でも大丈夫です。「今タレントの〇〇が出てるよ。あの人好きなんだ。彼氏は好き?」といった話の振り方もできます。

    テレビや雑誌などメディア媒体を使うと、会話のハードルが下がります。会話の糸口が見つからないときは、手近にある雑誌やテレビなどから話題を探してみてください。

    ライトであまり意味のないような会話ですが、相手の好みを探るにはうってつけ。話題がなくて困るカップルの場合は、テレビやスマホニュースを見ながらの会話もおすすめですよ。
  • 電話・LINEで彼氏との話題を広げるポイントは?

    実際会うときと違い、電話やラインでは彼氏との会話の広げ方が違います。ここでは電話やラインで彼氏と話すとき、会話を広げるためのポイントについてお伝えしていきます。

    表情が分かりづらいので声を明るめに


    電話やラインでは話している相手の表情がわかりません。ライン電話などもありますが、対面しているときほど表情がクリアではなく細かい表情を読み取るのは困難です。

    表情がわからないと、相手に対して細かいニュアンスが伝わりにくくなります。なので相手に声が伝わりやすいように、はっきりとした明るい声で話すようにしてください。

    「うん、うん」とまめに相槌を打つ


    電話で話すときは相手の表情がわかりません。何の意味もない沈黙でも、「ちゃんと聞いているのかな?」と不安になることもありますよね。

    相手の顔が見えない電話では、相槌をその都度打つことで、会話をスムーズに展開していくことができます。会話のセンテンスごとに「うん、うん」と相槌をこまめに打ちながら会話をしていきましょう。

    用件を簡潔に述べる


    電話やラインでは相手の表情がわかりにくいというのもあり、ダラダラとした長話になるとストレスを感じる人もいます。男性の場合長い文章を読むのが苦手な人も多いので、要領を得ない説明は避けた方が無難です。

    電話の場合は多少説明が長くなっても大丈夫ですが、ラインの場合は長い文章を読むのが面倒になることもあります。女性にありがちな長文メールは控えめにし、伝えたいことを簡潔に伝える文章を心がけてください。

    結論から話す


    男性は長い説明を聞くのが苦手です。要求を伝えるときに、状況だけ伝えても女性のようにピンとくることはほとんどありません。女性の場合は困っている状況だけ伝えれば、「ああ、次からはこうするのね」とわかることが多いです。

    しかし男性の場合「だからどうしたの」と思う人が多数。そういった男性には、まずやってほしいことから具体的に言うようにしてください。その後理由を説明することで、会話をスムーズに進めて行けるでしょう。

    彼氏に聞きたいことは具体的に


    男性には聞きたいことやしてほしいことを、具体的に伝えるようにしてください。人によって違いますが、多くの男性は察することが苦手です。遠まわしに聞いても求めた答えは返ってきません。聞きたいことがあるときは、具体的に聞いた方がお互いスッキリできます。

    また何かを聞きたいときは、回答が必要な理由も簡潔に説明しておくと、やり取りがスムーズになるでしょう。

    電話やメールが苦手なこともある


    女性は長文のメールや電話に抵抗感がない人も多いですが、男性は電話やメールが苦手な人も多くいます。そういう彼氏の場合、いつまでもやり取りを続けようとする彼女に疲れを感じてしまうかもしれません。

    電話やメールが苦手な彼氏には、頻繁にメールや電話を要求しない方が良いこともありますので、メールなどでコミュニケーションするよりも、直接会って会話をするようにしてください。