肌が白い人は本当にモテる?色白女性の意外な悩みと解決方法をご紹介

  • 肌が白い人が持つ意外な悩みとは?【前編】

    肌の白い人はモテる!と言われても、肌の白い人の中には悩みを抱えている人も多いと言います。「色の白いは七難隠す」と言われているにもかかわらず、どのような悩みがあるのか、色白ならではの問題を紹介していきましょう。

    肌が白いと傷やシミが目立つ


    肌が白い人は傷やシミが目立つ特徴があります。肌が白いと、傷やシミが目立ってしまうのは仕方のないことです。さらに、目立ってしまうのに加えて、肌が白い人はアザができやすいという特徴もあります。

    打ち身のときなど、すぐに真っ青になってしまうので、傷以上に見た目が痛々しくなります。また傷だけでなく、シミもよく目立ちます。色の黒い人なら、周りの人から気づかれないようなシミでも、色が白いとそうはいきません。

    顔が赤くなりやすい


    顔が赤くなりやすいのも、肌の色が白い人の抱える悩みの一つです。確かに男性から見ると、赤くなった顔は可愛いく感じるのでしょう。しかし当人にとってはコンプレックスでしかありません。

    色が白いので肌の色の変化が分かりやすいのですが、そのたびに指摘されたりからかわれてしまってはうんざりするのでしょう。それどころか益々人前に出ることが苦手になっていきます。

    男性は対策が難しいですが、女性はコントロールカラーなどで赤みがでないように努力している人も多いのです。

    光が眩しく感じる


    肌の白い人は、肌以外にも色素が薄いことが多いため、目の色も普通の人に比べて少し茶色がかっていることが多いようです。青や緑など、色素の薄い目の色を持つ人は、瞳が黒い人よりも光を眩しく感じます。

    同じように肌の色が白く、瞳の色素が薄いと、屋外で太陽が眩しく感じたり、蛍光灯の光を眩しく感じたりして目が痛くなります。サングラスをかけた方がいいのですが、欧米のようにどこでもサングラスをかける文化がないので、目の痛さと付き合っていかなければいけません。

    シミ・そばかすができやすい


    肌の色が白い人は、シミが目だつという悩みを紹介しましたが、そもそもシミやそばかすができやすいという悩みを抱えています。

    色黒の人はメラニン色素がもともと多いため、日に焼けやすいのですが、反対に色白の人はメラニン色素が少ないため、肌を紫外線から守ることができません。

    そのため、紫外線を浴びるとそのままダメージを受けやすく、色黒の人と比べてシミやそばかすができやすいのです。また、シミだけではなく皺も増えやすいのも特徴です。

    肌が白いと毛穴が目立つ


    肌が白いと毛穴が目立つという、悩みもあります。肌が白いので、どんな小さなシミでもホクロでも色がついているものは目立ってしまうのですが、毛穴も同じです。

    ムダ毛の処理をしても、脚のポツポツ毛穴が気になってしまいますし、男性ならしっかり剃っても、毛穴が目立つせいで髭が濃く見えてしまうのです。

    ムダ毛が目立つ


    ムダ毛が目立つといのも、肌の色が白い人の悩みの一つです。色が白いので、シミや傷、毛穴と同じように、どうしても色のついているものは目立ってしまうのです。

    女性はムダ毛処理をするので、毛穴目立ちに悩みむ方が多いようですが、男性はすね毛の黒さが目立って嫌だ!という声をよく聞きます。どちらにしても、目立たせたくないものですよね。