肌が白い人は本当にモテる?色白女性の意外な悩みと解決方法をご紹介

  • 肌が白い人の特徴とは?【前編】

    肌の白い人には、「色が白い」という他にもいろいろな特徴があります。肌が白い人ならではの、主な特徴を8つピックアップしているので、気になる人はチェックしてみましょう。

    儚げな印象


    肌が白いと、周りの人に「儚げ」な印象を与えます。色白で透き通るような肌はとてもきれいですが、健康的に見える色黒の人と並ぶと、白さが目立ってしまい、不健康にみられることもあります。

    そんな印象が「儚い」「守ってあげたい」と、周りの人に思わせてしまうのでしょう。

    美人に見える


    肌が白い女性は、そうでない人に比べて、美人に見えると言われます。例えば、プリクラやフィルターでも、顔の肌の色を白くする機能がありますが、普段の顔に比べて、白くフィルターをかける方がきれいに見えますよね?

    やはり肌が白いと、黄色っぽい肌や色黒の肌よりも、メイクのりもよくなるので美人に見えるのも頷けます。

    パステルカラーが似合う


    肌が白い人は、パステルカラーがよく似合います。肌の色が黒い人がパステルカラーを着ると、肌がくすんで見えやすいのですが、反対に肌が白い人はパステルカラーを着ると華やかに、明るい印象になります。

    また、色白さんのかわいらしさをより引き出してくれるので、パステルカラーの良さが引き立ちます。

    年齢よりも若く見られる


    色が白く透明感のある肌は、年齢よりも若く見られがちです。肌が白いと肌がきれいな印象を与えますから、若見え効果が高いのですね。

    特に色が白い人の方が、ライトにあたると皺が飛びやすいので、写真を撮る時もきれいに見えます。

    また、きれいな透明感のある白肌を保つためには、美白ケアは欠かせません。白肌の持ち主が若く見られがちな秘密は、こういうところにもあるのでしょう。