「幸薄い顔」の意味とは?男女別の特徴と幸薄顔から抜け出す方法

  • 「幸薄い顔」のイメージから抜け出す方法!

    肯定的な意見もある「幸薄い顔」ですが、一般的にはネガティブなイメージを持たれがちです。「幸薄い顔」から脱出するには、どのような努力をすると良いのでしょうか。以下に「幸薄い顔」から抜け出すための方法をご紹介していきます。

    アイメイクを少し濃くしてみる


    幸薄い顔の人は目元に目力が足りません。アイメイクをすることで、足りない目力を補うことができます。アイラインやつけまつげなどに加えて、顔立ちに合った色のアイシャドウをプラスしてみると目元を印象的にできます。

    リップやチークで血色をプラスする


    顔色が青白いと、どうしても覇気がなく生命力が弱そうな印象を与えてしまいます。顔色が良くないタイプの「幸薄い顔」の人は、チークやリップで赤みを追加して、血色のよい顔を演出していきましょう。

    自分に自信を持つ


    声が小さい、自己主張が弱いというのも「幸薄い顔」の人の特徴です。自分の意見を主張して、ある程度大きな声を出すのは自分に自信がないとできません。

    長年自信がなかった人がすぐに自信をつけるのは難しいですが、自分に自信を持てるような行動や考えかたを少しずつでも取り入れていってください。

    筋肉をつける


    身体に筋肉が少なく、ヒョロヒョロした感じだと、より幸薄い感じが強くなってしまいます。男性の場合は「幸薄い感」が強調されてしまうので、筋トレなどをして筋肉のついた引き締まったボディに仕上げてみてください。

    健康的な生活を送る


    「幸薄い顔」の人にありがちな青白い顔は、寝不足や栄養不足が原因の可能性があります。夜寝る時間が不規則、栄養バランスの悪い食事など、乱れた生活習慣が続くと、自律神経の働きが悪くなります。

    そのため、顔色がますます青白く不健康そうに見えてしまうのです。「体調大丈夫?」と言われがちな場合は、睡眠時間をしっかり確保して、栄養バランスの良い食事を取るようにしてください。

    少しは図々しくなる


    日本は遠慮や謙遜が美徳とされる社会ですが、「幸薄い顔」と評される人は概して遠慮や謙遜をしすぎる傾向があります。ただしあまり謙遜ばかりしていると、自己主張を出来なくなってしまうでしょう。

    周囲に「控えめな性格」と思われている人は、「少しぐらい図々しくなって普通だ」ぐらいの感覚で自己主張をしていきましょう。