「幸薄い顔」の意味とは?男女別の特徴と幸薄顔から抜け出す方法

  • 周りはどう思ってる?「幸薄い顔」の印象

    「幸薄い顔」の人の周囲の人たちは、「幸薄い顔」の人のことをどう思っているのでしょうか。以下に「幸薄い顔」の人に対する、主な印象についてご紹介していきます。

    儚げで守ってあげたくなる


    「幸薄い顔をしている人って、なんだか儚げが印象がありますよね。何とかして僕が守ってあげなくては…って思わせる何かがあります。」(30代男性)など、幸薄い顔をしている人は儚げな印象があるので守ってあげたくなるとのこと。

    確かに幸薄い人は控えめで自己主張が少なく、儚げな印象があります。守ってあげないとどうなってしまうだろうと不安になるのも無理はありません。

    母性がくすぐられる


    「幸薄い顔のの人って自分でなんとかできなさそうな感じがしますよね。『代わりに私が言ってあげなきゃ!』って母性的な気持ちが湧いてきてしまいます。」(20代女性)など、頼りない印象がある幸薄い顔の男性には母性が湧いて守ってあげたくなるという女性も。

    頼りなくて言いたいことも言えない男性は、一部の女性から見ると「私が守らなくては!」という気持ちにさせるのでしょう。

    頼りにならないイメージ


    「幸薄い顔をしている男性って、どうにも頼りにならないというか。はっきりしないし声は小さいしで、なんとなくイライラしてきてしまいます。」(30代女性)など、優柔不断で気が弱い幸薄そうな男性にはイライラしてしまうという女性も。

    なよなよしている幸薄い系の男性は、昔ながらの理想の男性像とは大きく異なります。昔ながらの男性像を支持している女性から見たら、イライラしてしまう存在なのでしょう。

    生命力が弱そう


    「幸薄そうな女性ってなんだかすぐにも消えそうで、生命力が弱そうですよね。僕ははっきりしてて元気なタイプが好きなので、ああいう控えめなタイプって苦手です。」(20代男性)など、幸薄い顔の女性は生命力が弱そうなので好みではないという男性も。

    確かに顔色が青白くて声が小さいおとなしい女性は、生命力が弱そうに見えます。元気が良い女性を好む男性の恋愛対象外になるのは、仕方がないのかもしれません。

    不幸が寄ってきそう


    「近くの席の幸薄い顔の女性は、溜息ばかりついて表情が暗いんですよ。不幸が寄ってきそうで正直近くに座っていたくないです…。」(30代男性)など、幸薄い顔の人には不幸が向こうからやってきそうで嫌だという男性も。

    確かに暗い顔をしていたら、不幸が自らやってきそうな印象があります。あまり近くにいてほしくないという気持ちもわかる気がしますね。

    勝てそう


    「コンペで戦う相手が幸薄そうな顔の男性でした。正直『勝てる!』って思いましたね。やる気がなさそうだったので。」(30代女性)など、コンペの相手が幸薄そうな男性だったので、思わず勝てると思ってしまったとのことです。

    幸薄そうな顔は自己主張が少なく、いかにも押しに弱そうな印象があります。競争相手がそんな幸薄い顔だった場合、「勝てる」と思ってしまうのも無理はないでしょう。とは言え、競争に変わりはないので見た目だけで判断するのは要注意ですね。