「幸薄い顔」の意味とは?男女別の特徴と幸薄顔から抜け出す方法

  • 「幸薄い顔」と言われる男性の特徴《外見編》

    男性にも「幸薄い顔」と言われる人がいます。男性の「幸薄い顔」には、どんな特徴があるのでしょうか。以下に幸薄い顔の男性の特徴をご紹介します。

    細身の体系


    「幸薄い顔」と言われる男性は、身体つきが細くて弱々しい印象を持つ人も多いのではないでしょうか。人によっては「ケンカが弱そう」や「すぐ病気になりそう…」といった虚弱な印象を与えることも。

    全身に筋肉がついていなくてヒョロヒョロな感じがそう思わせてしまう原因です。また、筋肉が少ないので猫背にもなりやすく、姿勢が悪いという特徴もあります。

    表情が乏しい


    表情が乏しいと「幸薄い顔」と言われること多いです。表情が乏しいことで人生に苦しんでいるような印象を与え、「幸薄い顔」だと思われたり言われたりします。

    また表情が乏しいだけでなく、目に輝きがなく死んでいるような男性も同様に「幸薄い顔」と言われることが多いでしょう。楽しそうな表情を周囲に見せないため、幸せそうに見えないからです。

    なで肩で胸板が薄い


    なで肩で胸板が薄いと、「幸薄い顔」と言われる頻度が高くなります。なで肩で胸板が薄い男性は、骨格ががっしりしている男性よりもかなり弱々しく見えます。

    全体的に骨格が弱そうで健康面に不安があるように見えるため、「幸薄い顔」と言われるのでしょう。また男性の場合自分の体格を気にして性格が暗くなり、より「幸薄い顔」に見えることもあります。

    顔色が青白い


    健康上の問題があったり、あるいは元々の体質のせいで顔色が青白い男性も、「幸薄い顔」と言われがちです。男性の青白い顔はいかにも不健康そうで、太陽の光を浴びたら逆に調子が悪くなりそうな印象を与えます。

    そのため男性の場合は、健康に不安がありそうな印象の顔を、「幸薄い顔」と呼ぶことが多いようです。