「幸薄い顔」の意味とは?男女別の特徴と幸薄顔から抜け出す方法

  • 「幸薄い顔」と言われる女性の特徴《性格編》

    「幸薄い顔」と言われるのは顔立ちだけが原因ではありません。「幸薄い顔」と言われるのは性格も関係があるのです。以下に「幸薄い顔」と言われがちな人の、性格的な特徴をいくつかご紹介していきます。

    ネガティブ思考


    「幸薄い顔」と言われたり思われたりする人は、物事をネガティブに考えるクセがついています。ネガティブなことばかり考えていると、顔色が悪くなってやる気も低下します。

    やる気が低下すると、ますますネガティブなことを考えるなど、負のループに陥ってしまいます。「幸薄い顔」と言われる人はネガティブな思考回路を使うのが習慣化しています。

    ネクラではないが大人しい


    「幸薄い顔」だと思われているからと言って、決して根暗なわけではありません。頭の中には意外とハッピーな思考回路があり、外から見るよりずっと幸せな考え方をしていることもあります。

    しかしおとなしくて控えめな性格のため、頭で考えている幸せなことを言葉として表現しません。そのため「暗い」「不幸そう」と思われることも多いのです。

    覇気がない


    「幸薄い顔」の人は、どうにも覇気がありません。覇気とは周囲の人を圧倒するような元気さのことです。周囲の人に明るく振る舞う習慣がないので、どうしても暗く見えてしまうのです。

    元々のエネルギーが少ない、元気いっぱいの行動が好きではないなど、人によって覇気がなくなる原因は様々です。周囲に対して生命力がなさそうな印象を与えるので「幸薄い顔」と言われがちです。

    声が小さい


    「幸薄い顔」と言われる人は、声が小さい人が多いです。声が小さいと弱々しい印象になり、「幸薄い顔」と言われることが多くなります。

    また声が小さいと自己主張も通りにくくなり、控えめな印象も強まります。そのため、一層「幸薄い顔」の印象を強めてしまうでしょう。

    何事にも控えめ


    「幸薄い顔」の人は何事にも控えめで、「自分が!」という自己主張がほとんどないという性格的な特徴もあります。自分から手を挙げるといったことがなく、常に集団の後ろの方にいてみんなの後についていきます。

    だいたい譲ってしまうので、いつもおいしい蜜を吸い損ねてしまうのです。また自分がどうしても欲しいと思っているものでも、トラブルを避けるためなら譲ってしまう傾向もあります。

    何かと出遅れる


    「幸薄い顔」と言われる人の性格的として、何かと出遅れてしまうという特徴があります。出遅れてしまうのは、色々なことを考えてしまうからです。

    あれこれと考えているうちに、幸薄い顔の人よりも考えの浅い人たちがどんどんスタートしていきます。最初に出遅れたことで、取り返しがつかなくなり結局欲しいものが手に入らないといったこともよくあるでしょう。