「幸薄い顔」の意味とは?男女別の特徴と幸薄顔から抜け出す方法

  • 「幸薄い顔」と言われる女性の特徴《外見編》

    「幸薄い顔」と言われる顔は、外見的にはどんな特徴があるのでしょうか。以下に女性の「幸薄い顔」の特徴について、いくつかお伝えしていきます。

    目や鼻などのパーツが小さめ


    目や鼻のパーツが小さめだと、見た目が地味になり性格も控えめに見えるため、「幸薄い顔」という印象を相手に与えます。特に目が小さいと、より控えめな印象を与えてしまいます。

    また目鼻が小さいと表情を出しにくいので、感情が伝わりにくいという特徴もあります。反対に目鼻のパーツが大きいと派手な印象を与えるため、「幸薄い顔」にはなりません。

    メイクが薄い


    目鼻のパーツが普通の大きさであっても、メイクが薄くて印象に残りにくいと「幸薄い顔」と言われがちです。メイクが薄いと顔色も悪く見え、自己主張が弱そうな雰囲気になってしまうもの。

    元の顔のパーツが普通の大きさなら、メイクを変えることで「幸薄い顔」の印象を変えることも可能です。「幸薄い顔」と思われるのが嫌であれば、メイクの方法を変えてみてくださいね。

    顔に凹凸が少ない


    欧米人のように彫りの深い顔は、あまり「幸薄い顔」と思われません。日本で「幸薄い顔」と思われるのは、顔の凹凸が少ない平べったい顔立ちの人です。

    アジア人の多くは欧米人に比べて彫りの浅い顔立ちですが、「幸薄い顔」と言われる人は特に、目鼻のパーツも小さいため余計に平べったい顔に見えるのです。そのため、はっきりとした主張が少ない顔立ちは「幸薄い顔」と思われることが多いです。

    目が一重


    二重の目よりも一重の目の方が、「幸薄い顔」に認定されやすいです。二重の目はパッチリとして見えて、目自体が大きいこともあり派手に見えます。

    一方、一重の人は、奥二重も含めて、目が小さく見えて控えめな印象になります。一重で切れ長の目は、涼しげな印象も与えますが、控えめでミステリアスな印象もあり「幸薄い顔」と言われやすいのです。

    唇が薄い


    唇がぽってりと分厚いよりも、薄くてシャープな唇の方が「幸薄い顔」と言われやすいです。ぽってりとした唇は、情に厚く優しい印象を与えますが、薄くてシャープな唇は冷たくて人に対してシビアだという印象を与えます。

    そのため、唇が薄くて細いと、「幸薄い顔」と思われやすいのです。細くて鋭い唇の印象を温かいものにするには、暖色系の口紅がおすすめです。

    顔色が青白い


    顔色が青白いと、不健康でおとなしいイメージを与えます。そのため顔色が悪いと「幸薄い顔」と言われがちなのです。顔色を良くするには、健康的な生活を送るのが一番です。

    しかし元々の体質で、健康的な生活を送っていても顔色が白くなってしまう人もいます。そういう人はメイクをすることで、血色をカバーできます。