「幸薄い顔」の意味とは?男女別の特徴と幸薄顔から抜け出す方法

「幸薄い顔」とはどんな顔のことを言うのでしょうか。「幸薄い顔」は、ネガティブな意味で使われることが多い言葉ですが、肯定的な意味で使われることもあります。今回は「幸薄い顔」の特徴、「幸薄い顔」をしている人の外見的な特徴や性格的な特徴についてお伝えしていきます。

  • 「幸薄い顔」とはどういう意味?

    世の中には「幸薄い顔」と言われる部類の容貌があります。では「幸薄い顔」とはどんな顔のことを言うのでしょうか。以下に「幸薄い顔」の概要についてお伝えしていきます。

    幸せそうじゃない印象を指す言葉


    「幸薄い顔」という言葉の意味は「幸せそうには思えないような顔、表情」という意味です。「幸せなことが少なそう」と感じさせるような顔立ちや表情の人物のことを、「幸薄そうな人」と表現することもあります。

    また「派手さのない地味な顔」という意味で使われることもあります。地味な顔の人は注目されにくいため、幸薄いというイメージがあるのかもしれません。

    ネガティブなイメージで使われる


    「幸薄い顔」という言葉は、どちらかと言えばネガティブなイメージで使われることが多い言葉です。「なんとなくかわいそうな感じ」や「なんとなく暗そうな感じ」といったニュアンスを表現するときによく使用されます。

    ポジティブな感じで使われることもまれにあり、そういった場合は「清楚でおとなしそう」「控えめな性格で人の意見を遮らない感じ」など、他人を尊重する穏やかな人といったニュアンスで使われます。

    男女どちらにも使われる表現


    女性に多く使われるイメージがありますが、「幸薄い顔」は男性にも使われることがあります。「なんとなく報われなさそう」なイメージがある人に対して、男女問わず使われる言葉です。

    とは言え「おとなしく控えめ」というイメージから、女性に使われることの方が多い印象があります。また男性に使われる場合、女性に使われるよりもネガティブなイメージが強くなります。