綺麗な身体を手に入れたい!綺麗な身体の特徴と作り方を徹底解説!

  • 綺麗な身体をつくる方法【食事編】

    綺麗な身体を作るには、食事面でも気を配る必要があります。ではどんなところに気を付けたら良いのでしょうか。ここからは、綺麗な身体を作るための食事のポイントについてお伝えしていきます。

    水をたくさん飲む


    水をたくさん飲むことも、綺麗な身体を作るうえで重要です。水を飲まないと肌の水分が足りずに乾燥しやすくなるほか、内臓などの働きも鈍くなる可能性があります。

    ただし水を一気飲みしても、期待した効果は得にくいでしょう。一気飲みするよりも、こまめに水分を摂取する方が効果が期待できます。時間を決めて、意識的に水分を取るようにしましょう。

    栄養バランスを考えた食事


    綺麗な身体になるためには、栄養のバランスを考えて食事を取ることも大切です。栄養が偏りすぎると、栄養をうまく使えなかったり、肥満の原因にもなります。

    メリハリのある綺麗な身体になるためには、栄養バランスの整った食事を心がけてください。コンビニでお弁当を買う時も、栄養のことを考えながら買うと効果が出やすくなります。

    カロリーを考慮して食べる


    1日に必要な摂取カロリーは、基礎代謝や運動量によっても違ってきます。摂取カロリーが1日の代謝量や運動量で消費するカロリーを超えると、余った分が脂肪になっていきます。

    脂肪を減らすためには、1日で消費するカロリーよりも低いカロリーの食事をすることが大切です。毎食どれぐらいのカロリーを摂取したら肥満にならないかを計算しながら、食事を取るようにしましょう。

    夜寝る前に食べない


    就寝前に食事や間食を取ると、太りやすくなります。間食を取りたいなら、最低でも就寝の2時間前までには済ませておくのがベターです。

    空腹すぎて寝られない場合は、寝る前に暖かいノンカロリーの飲み物を飲むと空腹が和らぐことがあります。おすすめは身体を温める効果があるショウガ湯や、リラックス効果が高いカモミールティーなどです。

    間食を適度に取る


    空腹の時間が長いと、いざ食事の時間がきたときにどかっと食べてしまうこともあります。空腹になりすぎてしまうのを防ぐために、適度な間食を取ることも必要です。間食に食べるものはお菓子よりも、ナッツや小魚などがおすすめ。

    近年はカロリーや糖質を考慮したお菓子や菓子パンなども販売されていますので、そういったお菓子を間食に取っても良いでしょう。仕事などが忙しい場合は、片手で食べられるようなものをバッグに常備しておくと便利です。

    必要に応じてサプリも取る


    バランスの良い食事で栄養を摂取するのが理想ですが、仕事や育児で忙しい場合、満足な食事をとれないこともあります。そんなときは、足りない栄養素をサプリで補う方法もおすすめです。

    足りない栄養素は人によって違いますが、自分で判断するのが大変な場合は、足りない栄養素を病院で調べてもらうこともできます。医療保険は適用にならない場合がありますが、自分に足りない栄養素を把握することが可能です。