親しくない人への【送別メッセージ】例文集!書き方のコツとは?

送別メッセージを求められて、何を書けばいいか悩んだことはありませんか?特に親しくなかった人が相手なら、なおさら筆が進まなくなるものです。この記事では、送別メッセージに使えるフレーズをご紹介します。何を書いたらいいか分からない人はぜひ読んでみてください。

  • 親しくない人への送別メッセージ…何を書けばいい?

    転職・結婚・出産…一緒に仕事してきた仲間の退職は付き物です。退職に伴い、送別メッセージを書く機会は誰にでも訪れます。

    親しい相手に伝えたいことがありすぎて悩んでしまう人もいる一方で、親しくない相手への送別メッセージは書くことが思い浮かばなくて悩んでしまった経験がある人も少なくありません。人数が多い会社に勤めている場合、勤務するフロアが違うために挨拶さえ交わしたことがない、顔が思い浮かばないなんてこともあるようです。

    そこで今回は、親しくない相手にメッセージを書くときのコツや例文をご紹介します。
  • 親しくない人へ送る送別メッセージのポイントとは?

    退職する相手との間柄によって言葉遣いや表現方法は変わります。しかし、相手がどんな立場であってもおさえておきたいポイントが存在します。

    まずは、送別メッセージを書くときにどんなことに気を付けたらいいのかをご紹介しますので、ぜひご参考にどうぞ。

    読みやすく簡潔に書く


    相手との親しさに関わらず、送別メッセージは分かりやすく簡潔に書くことを意識しましょう。

    具体的なエピソードがあれば、送別メッセージに盛り込むと喜んでもらえますが、あまりにも接点がなかった相手やエピソードが思い浮かばない相手であれば、当たり障りのない定型文やシンプルな文章でまとめてしまうのがおすすめです。

    感謝や労いの言葉を入れる


    少しでもお世話になったことがある相手であれば、感謝の気持ちを送別メッセージに書くといいでしょう。本当に少ししか関わったことがない人であっても、感謝の気持ちを伝えれば相手は喜んでくれます。

    しかし、親しくない相手ということで感謝の言葉が思い浮かばないケースもあるかと思います。その場合は無理に感謝の言葉を書く必要はありません。代わりに労いの言葉を書きましょう。

    相手の言動や功績、周囲との関わり方、皆からの評価などを思い出して書いてみてくださいね。

    相手との関係性を考える


    一言で「親しくない相手」と言っても、相手との距離感はさまざまです。その人とどんな関係を築いてきたのか思い出し、ちょうど良い距離感で送別メッセージを書きましょう。

    あまりにも馴れ馴れしく書いてしまうと「この人とこんなに仲良くなかったんだけど…」と困惑させてしまいます。逆によそよそしすぎると、「嫌われていたのかな」と思われかねません。

    適切な言葉遣いで


    送別メッセージでは、親しくない相手であっても親しみやすい温かい言葉をかけてあげることが大切です。言葉選びには細心の注意を払いましょう。

    目上の人に対する送別メッセージであれば、正しい敬語を使うことが大切です。同僚や後輩、部下であれば堅苦しい敬語を使う必要はありませんが、誤解を与えかねない言葉を使わないように気をつけましょう。

    そもそも文字だけのコミュニケーションでは、相手の感情を読み取りにくいものです。そのつもりがなくても、捉え方によってはショックを与える送別メッセージになってしまう可能性があることを覚えておきましょう。

    他の人が書くスペースを配慮する


    大人数で寄せ書きをするスタイルの送別メッセージの場合、他の人が書くスペースにも配慮が必要です。あまり親しくない相手であれば書くこともそんなに多くはないでしょう。短い文章でまとめてしまい、親しかった人にたくさん思い出を書いてもらいましょう。

    名残惜しい感じを伝える


    「お別れを残念に思っている」というのは相手が喜ぶポイントの1つです。もちろん仲が良ければ良いほど感動的な送別メッセージになります。しかし、親しくない相手からであっても嬉しい送別メッセージになるんです!

    親しくないのに自分を認めてくれていたと感じるのは嬉しいことですし、関係性にかかわらず仕事を評価していた証拠にもなります。また、「会えなくなるのが寂しい」と言われたら、誰だって悪い気はしません。

    あまりにも寂しさを前面に出すと暗い雰囲気になり、湿っぽくなってしまうのでご注意くださいね。