フェラ後に「ごっくん」してほしい?男性の本音をぶっちゃけ!

  • フェラ後の「ごっくん」必ず喜ぶとは限らない?

    フェラ後の精液ごっくんは喜ぶ男性が多いと言われていますが、必ずしもそうとは限りません。中にはごっくんされることに対して否定的な意見を持つ男性もいます。

    また、ごっくん自体に対しては好意的でも、女性の反応によって興奮が冷めてしまうケースもあるため、これから紹介していく心理を参考にして、ごっくんで男性を喜ばせたい女性は気をつけましょう。

    嫌がりながら飲まれると萎える


    「嫌々ごっくんをされると気分が悪くなる」(25歳/男性/会社員)「自分から飲んだくせに嫌がっているのを見ると、恩着せがましく感じる」(28歳/男性/営業職)

    嫌がりながらも飲んでくれることに愛を感じる男性もいますが、嫌がるならば飲まなくていいという男性も同じくらいいます。

    また、精液をごっくんすれば男性が喜ぶと義務感で飲む女性もいます。しかし嫌々だと、男性には「飲んであげている」という上から目線に感じられ、気持ちが萎えてしまうケースもあります。

    初エッチでごっくんされたら引く


    「初エッチで飲んできて、今までの彼氏にもそうしてきたのかと思うと引いた」(23歳/男性/専門職)「初エッチで積極的にフェラとごっくんをされると反応に困る」(29歳/男性/会社員)

    初エッチはお互いにとって特別な瞬間になりますが、特に男性は恥じらう女性を求めていることが多いため、積極的にフェラやごっくんをされると引いてしまう人は少なくありません。

    また、初エッチという場でごっくんまでしてしまう彼女に対し、過去の恋愛や性経験を想像してしまい、気持ちが萎えることもあります。

    慣れていると感じてしまう


    「美味しくもない精液を飲むのに慣れていると、みんなにそうしてきたと感じる」(30歳/男性/アパレル勤務)「初めて精液を飲まれた時、彼女の経験のほうが上だと感じた」(33歳/男性/飲食店勤務)

    精液をごっくんすることに対して否定的な考えはなくとも、彼女が飲むことに慣れていると過去の性経験が豊富なのかと感じる男性が大半です。

    また、中には自分より経験数が上なのではと感じる男性もいます。そんな劣等感から性行為に集中出来なくなってしまい、気持ちが萎えてしまうこともあります。

    フェラ後はキスが出来なくなるのが嫌


    「正直精液を飲んだ口でキスはしたくない」(35歳/男性/営業職)「キスが好きだから、フェラもごっくんもしてほしくない」(27歳/男性/音楽関係勤務)

    男性の多くはフェラや精液をごっくんした後にキスをするのを嫌がります。やはり汚いという印象が強くあり、キスすることで自分の精液を口に含んだ感覚に陥ってしまうのです。

    性行為中にキスをしたい男性にとっては、フェラや精液をごっくんされるよりもキスのほうが重要です。キスが出来ないくらいならば、フェラ自体をしなくていいという考えを持つ人も少なくありません。