フェラ後に「ごっくん」してほしい?男性の本音をぶっちゃけ!

  • フェラ後にごっくんしてほしい男性心理とは?

    女性の中には、なんで男性はフェラ後のごっくんにこだわるのだろうと疑問に感じる人もいるでしょう。

    そこでまずは、フェラ後にごっくんしてほしいと感じる男性心理をいくつか紹介していきます。

    最後まで奉仕してくれて愛おしいと思う


    「ごっくんをしてくれると最後までフェラをしてくれたと感じて嬉しい」(28歳/男性/営業職)「苦しそうなのに飲んでくれることが愛おしい」(23歳/男性/大学生)

    フェラは男性からしてみても辛そうで疲れそうだと感じる行為です。そんな行為であるにもかかわらず、フェラをして精液まで飲んでくれると、よほど自分のことを愛してくれているという愛情が伝わってくる感じがするのです。

    そういった経験や気持ちになったことがあると、たとえ新しい彼女が出来たとしても「またあの時の愛情深さを味わいたい」と思い、フェラ後のごっくんを求めてしまうのでしょう。

    自分のすべてを受け入れてくれたと感じる


    「自信のない自分だったけど、飲んでもらったことで受け止めてもらえたと感動した」(29歳/男性/会社員)「包容力を初めて感じて、関係性がより良くなった」(31歳/男性/美容師)

    男性の中には、フェラ後に精液を飲んでくれたことにより、自分のすべてを受け入れてくれたと感じる人もいます。精液という普通ならば飲むこともないものを飲んでくれる…そんな捨て身な行為が強い包容力を感じさせてくれるのでしょう。

    特にこの心理は、自信がない男性や恋愛に関して何らかのトラウマを持っている男性に芽生えやすい傾向にあります。過去に自分を否定された経験を持つ人は「自分のことを受け入れてほしい」という思いが強いもの。そのため、ごっくんという行為に強く愛情を感じ「受け入れてくれた」と思うのでしょう。

    嫌がることをしてくれた征服感がある


    「不味そうなのに飲んでくれて心が満たされた」(25歳/男性/研究職)「嫌がりながらも飲んでくれるところが可愛い」(29歳/男性/アパレル勤務)

    男性の多くは、女性が喜んで精液をごっくんしてくれているわけではないことを知っています。そのため、女性が少なからず精液を飲むことに対しては抵抗があると感じており、そんな中でも飲んでくれたことに対して一種の征服感を抱いていきます。

    特にこれはドS思考な男性に多い心理であり、嫌がりながらも飲んでくれていることに対して性的興奮を感じ、同時に自身の高いプライドが満たされた気持ちになっていくのです。

    エロくてより興奮する


    「ごっくんの後の苦い顔は、いつもと違った表情にドキドキする」(25歳/男性/会社員)「口の横に精液がついててエロかった」(33歳/男性/自営業)

    男性の中には、フェラをしている女性の姿や表情、精液を飲む女性の姿に興奮を覚える人もいます。そういった人にとってみれば、自分をより奮い立たせるために、フェラ後に精液をごっくんしてほしいと感じてしまうのです。

    特に性行為中の女性の表情が好きという男性や、いつもと違ったギャップに弱いという男性は、フェラやごっくんといったアブノーマルなシチュエーションや表情に弱い傾向にあります。

    自分の彼女という優越感を覚える


    「精液を飲んでくれることで、相手の気持ちに自信を持てた」(30歳/男性/営業職)「彼氏だから飲んでもらえると思うと嬉しい」(29歳/男性/専門職)

    この心理は恋愛経験が少ない、または長年の片思いの末に付き合えたケースに多くあります。

    基本的に男性は精液を飲むことに対して、女性が喜んでしているとは思っていません。しかし、愛する彼氏のためなら飲んでくれるという考えが強いため、”精液を飲んでくれる=自分のことが大好きな彼女”の証だと感じるのです。

    フェラからのごっくんがロマンだから


    「やっぱり彼女には精液を飲んでもらいたいと思う」(21歳/男性/会社員)「ごっくんがないと盛り上がりに欠けてしまう」(28歳/男性/音楽関係勤務)

    男性の中には、フェラや精液をごっくんすることは男のロマンであるという考えを持つ人もいます。たとえば、恋人ができれば手をつないでデートをして、キスをして…、そうイメージをする人は多いでしょう。

    そうしたある種のロマンと同じように、性行為の中での男のロマンとして、当たり前のようにフェラやごっくんを求めていくのです。