夢に出てくる人や異性の意味|夢に隠されたあなたの心理とは?

  • 夢に何度も同じ人や異性が出てくる理由とは?

    ここまでの内容では、夢に出てくる人によって、その夢が持つ意味や深層心理が違うことが分かってきました。そこで今度は、夢に何度も同じ人が出てくる場合の意味や深層心理にも迫っていきましょう。何度も出てくると気になるものですし、何らかの強いメッセージであるとも考えられます。

    夢から与えられるメッセージをより正しく読み取れるように、一緒に考えていきましょう。

    異性に思いを伝えたいという深層心理


    何度も夢に出てくる人が、昔好きだった人や昔交際していた人だった場合、自分の心の奥底で閉まっていた思いが表出しているのかもしれません。自分の本当の想いを相手に伝えたいという深層心理が働いているのですね。「本当の気持ちを伝えたかった」「本当は別れたくなかった」など後悔してるのではないでしょうか。

    特別な好意を抱いていない異性であっても、夢に何度も出てくるなら、無意識に何かしらの感情を持っていることになります。

    また、まだ出会ったことのない異性であるなら、それは自分が思う理想の相手であることが多く、さらにその人がイケメンであるほど、今は恋愛願望が強いという心理が働いている可能性が高いです。

    後悔の念を抱いている


    人生にはたくさんの分岐点があり、その都度自分で選択して生きていくことになります。その選択が正しいと感じることもあれば、やはり後悔することがあるのが現実です。もちろん、後悔しても前を向いて行かなければならないのですが、やはり深層心理では後悔の念を引きずってしまうことがあるのです。

    挫折してしまった夢、投げ出してしまった仕事、弱さゆえに諦めてしまった恋愛…。何か心当たりはないでしょうか。どうしようもない現実で後悔の念を抱き続けることに辛くなり、自由に変更が可能な夢の世界で、後悔の念を抱くきっかけとなった人が何度も夢に出てくるのでしょう。

    大切な思い出が溢れ出している


    この世に誕生してから今まで、たくさんの出会いと別れがあったはずです。大切な家族、大切な仲間との思い出がたくさんあって、心の支えになっていることでしょう。また、失敗や挫折、中には裏切りなど辛い思いをした経験もあるはずです。良いことも悪いことも、人生の大切な経験となり今があるのは分かっているはずです。

    多忙な日々を送る中、思い出すことがなかったとしても、深層心理の中では大切な思い出として存在するのです。楽しい幸せな時間をもう一度味わったり、忘れたいほど辛い経験をもう一度することになったりと、夢の形は様々ですが、自分の中で思い入れが強い思い出ほど、夢で再現されてしまうのでしょう。

    相手の様子しだいで注意が必要


    夢の中で何度も同じ人が出てくる上に、相手が怒っていたり、自分が恐怖に感じていたりするなら注意が必要です。

    身近な人であれば、その人への言動や対応には十分注意しておくようにするべきですし、会ったことのない人なら、今後自分の身の回りに何か不吉なことが起こらないか気をつけておくようにしてください。

    夢に出てくる知らない人は「自分の運気」


    夢に何度も同じ人が出てくる場合、相手が誰かに注目してください。もし、会ったことのない知らない人である場合は、自分の今後の運気そのものを意味していると捉えましょう。その人といて心地いい場合や、その人自身が楽しそうな場合は、自分の今後の運気も良好になるはずです。

    反対にその人といて不愉快な場合や、その人自身が辛そうな場合は、自分の今後の運気が下がってしまうと考えましょう。